iPadとOneDriveアプリで大人数の前で授業がラクにできる

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

先日ある事情でおよそ60名の生徒の前で授業をする機会がありました。大人数の授業の場合にこまるところが、板書した字が見にくくなってしまうことや、生徒と物理的な距離ができてしまうことです。できれば板書は後ろからでも見やすくしたいし、生徒の近くで話をしたり、様子を見てみたいと思いますよね。

そのときに。これらの課題を解決できるかな?とおもって使ってみたのが、備え付けのプロジェクター+AppleTV+iPad+ApplePencilという組み合わせでした。はじめてこのような機器をつかって授業を行うので、不安もあったのですが、かなりスムーズに授業を進めることができたので、ここで紹介します。

用意するもの:プロジェクター、AppleTV、ApplePencil、iPad、OneDriveアプリ

方法

基本的には説明は口頭で、プリントに書き込む際は、iPadにApplePencliで書き込みます。このiPadはプロジェクタにミラーリングしているので、プロジェクタにリアルタイムに書き込み情報が表示されます。

このとき白板に電子ペンで書き込むときとの違いとしては、書くときに教師の目線が下を向いてしまうということです。ただし無線で接続しているということを生かして、できるだけ下を向かずに、生徒の近くでiPadを持ちながら書き込みを行いました。

使ったアプリはOneDriveアプリです。

このアプリは、PDFにしていれておくだけで、PDFのまま書き込みができる点がとても便利です。この機能は、GoogleDriveやDropboxには今のところついていません。

小さく書いても、iPadの拡大縮小機能で、大きくして提示すれば生徒も文字が見やすくなります。大人数の前で授業をするときはとても便利です。ぜひご活用ください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。