あわが出る装置(あわドン)が薄膜の干渉に使えるゾ!

光の干渉で使えそうな「あわドン」というおもちゃを買ってきました。

こちらも同じような製品だと思います。手作りも簡単にできそうですね。

石鹸を口の中の綿のところにつけて、ストローで空気をおくると、ぶくぶくと泡がでてきます。

こちらがその様子です。

 

View this post on Instagram

 

科学のネタ帳さん(@science_seeds)がシェアした投稿

泡が長くもつので、観察するときによく観察ができるのがメリットかなとおもいました。悔やまれるのは、授業をやったときが曇りだったことです。晴れた天気のもと、できれば外で実験したいですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。