斜面で表現!惑星の運動と万有引力(茨城県自然博物館その2)

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館に行ってきました。みつけたのがこちらの展示。よく科学館でみかけるものです。

ここに月にみたてたボールをころがして、その楕円運動を観察するというものです。万有引力による位置エネルギーを斜面の傾きで表現しており、ボールがくるくると回転していきます。

面白い工夫が、上からとったカメラの映像も同時にみえるようで、別画面があったところ。ただし非常に残念だったのが、メンテナンス中でボールが出なかったこと(がっかりしました)。

見応えのある科学館だったので、また来ようと思っていますが、次回こそ、動くようになっていてほしいものです。これは「つくばエキスポセンター」にあった手動のものです。想像をしながら、観察しました。

こちらは渋谷のプラネタリウムの近くにあったものだったかな。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから