コロイド溶液で光の足跡を調査!【レーザー光の可視化】

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

物質が水に溶けたときの定義として、

・透明である
・濃さがどこでも同じである
・時間がたっても沈殿しない

の3つがありますが、牛乳や石鹸水などのコロイド溶液は溶けているようにみえますが、透明ではないので、水溶液ではありません。しかし、そのままにしておいてもデンプンなどの粒が水と分かれてしまうことはありません。

このコロイド溶液を傘袋などにいれてレーザーをあてると、レーザー光の経路がきれいにみえます。

スクリーンショット 2015-11-22 7.27.31

石鹸水を傘袋にいれてレーザー光線をあてたときの様子

コロイドを使う他にも、煙を使う方法もあります。

ご自宅でもできるちょっとした実験です。お試しください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから