スニーカーのヒモを伸縮性のあるゴムひもに変えたらラク!

看護師さんがよくはいているゴムの厚いスリッパのようなものは、一日立ち仕事をしても足が疲れないためのものだそうです。よくよく考えて見れば、教員も同じように一日立って仕事をしていることが多いですよね。

そこでよくスニーカーをはいていますが、Karhuのスニーカーが足にあったのか、気に入ってずっと履き続けています。

もう4~5足は買っては捨ててという感じで履いています。古くなったスニーカーをこの前洗ってから、紐を伸縮性のあるものに取り替えてみました。

するとまるでスリッポンのように、より気楽に履けるようになりました。古くなったスニーカーにはこのゴム製のヒモいいかもしれません。洗いながら長く履いていくのも、なんとなくうれしいですね。みなさんはどんなスニーカーをはいていますか?

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。