【エコ】ペットボトルとボタンでできる子供おもちゃ

LINEで送る
Pocket

最近子供が11ヶ月になり、動きが激しくなってきました。ちょっと前は絵本を見せても自分から読もうという感じではなかったのですが、最近は本棚から絵本を出して読んでいたりしています。

またおもちゃにも興味を示してきて、いろいろなものをさわりはじめました。買ってきたものよりも、大人が手にもっているものに興味があるらしくペットボトルや水筒を触りたがっています。そのため玩具を作っていました。

用意したのはペットボトルといらなくなったボタンです。

いろいろなボタンを用意しました。ボタンをペットボトルの中に入れて、

水をいれてフタをします。これで完成。

ペットボトルを上下すると、ボタンがぶつかりながらボトルの中で動きます。子供に渡すと、夢中になってさわったり、転がしたり、いろいろ試していました。

後日ビーズを買ってきて中にいれたりしながら、カスタマイズをしています。子供も喜んでいるようです。

もしよかったら試してみてくださいね(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


 

SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。