コイルに流れる電流と電圧の位相差【交流回路】

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

コイルに交流電圧をかけたときの、電流と電圧の位相差についてイージーセンスを使って測定しました。測定時間は500msで、サンプリングレートは1000です(実際は100msくらいのほうが見やすかったかなとあとで思いました)。御覧ください。 #交流回路 #コイル #高校物理

コイルだとこのような感じ。位相が90度ずれており、電圧が電流よりも先行します。

これは抵抗に交流電流を流したときの様子。位相がピッタリ揃っています。

こちらはコンデンサーを使ったときの実験の様子です。動画にはしていなかったので、今度やっておかないとですね。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから