Zoom1歩先のツボ77を読みました

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。 

Zoom1歩先のツボ77」を読みました。気になったところをメモしておきます。

・ミーティングの詳細の日付や日時は連絡用。設定していたとしても、これ以外の時間にミーティングを開いても大丈夫

・待機室を有効にする

・画面共有から、ホワイトボードの共有・iPadの共有・カメラの共有などができる(詳細タブなども見ておく)

・誰かが参加するとき、退出するときに音声(ジングル)を鳴らす(参加者のところから、詳細欄をクリックすると出てくる)

・ブレイクアウトルームの使い方(ミーティングのみでウェビナーでは使えない)

・Zoomのウェブでの設定から「実践セッションを有効にする」にすると、ホストやパネリストのみリハーサルをすることができる。またパネリストをホストが参加者に格下げすれば、参加者としてどう見えるのかもチェックできる。

・ウェブからウェビナー設定のブランディングの中に、ウェビナー後のアンケート機能があり、これをONにすると、ULRの入力が表示される。Googleフォームを作っておいて、ここにいれておくと、セミナー終了後に自動でフォーム画面へジャンプさせることができる。

・ウェブから投票機能の項目で、アンケート項目を作っておくと、ウェビナー時に投票などをとることができ、参加者で共有できる。

・スポットライトビデオで、視聴者に見せる画面をコントロールすることができる。スポットライトをあてたい参加者の詳細から選ぶ。

・参加者にホストと同じ画面を見てもらいたい場合は、参加者の右下の詳細欄から、ホストのビューをフォローを押しておく。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから