中学3年生の中和滴定の実験

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。このサイトで科学を一緒に楽しみましょう。

中和の実験について見学をさせてもらいました。こちらは塩酸と水酸化ナトリウムです。色がついているものとついていないものでわけて、それぞれを試験管に入れて準備がされていました。

ビーカーに入れた塩酸に、

BTB液をたらして、黄色にします。そこに少しずつ水酸化ナトリウムを入れていきます。

すると、中性になりました。

このあと、緑色になった溶液について、スライドガラスにたらして、おいておくことをしていました。またスライドガラスには班がわかるように、テープがはられていました。参考にして今度やってみようと思います。

科学のタネを発信中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください