実験付きリモート授業の導入動画や説明について【内部生向け】

ケン博士
理科の桑子研です。

生徒の皆さんへ

Classiやロイロノートなど、全国で使われているためか、非常に重くて、つながりにくい状況が発生しています。そのため、ここにもリモート授業に関する説明を掲載していきます。配信済みの授業導入動画(5分~10分)も掲載していきます。 → NEW Googleclassroomへと移行しました

一般の先生方へ

このページは内部生向けのページです。リモート授業の参考にしていただいても結構ですし、もし生徒のためになるような、お気づきの点や改善点などありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

実験付きリモート授業 導入動画一覧(Youtubeリンク)

科学の雑談 #01休校とニュートン #02帯電列とテレビ03お菓子作りとカルマン渦

高2(週2回) 高3(週2回)

1回あたり30分程度で取り組んで下さい

第1回 ホイヘンスの原理 2020/04/15

第2回 屈折の法則 2020/04/20

第3回 全反射 2020/04/23

第4・5回 音の干渉 | 光の干渉(課題) 2020/04/27

第6回 回折格子 2020/05/07

第7回 薄膜の干渉 条件式まとめ 2020/05/11

第8回 くさび型の干渉 条件式まとめ 2020/05/14

第9回 ニュートンリング 2020/05/18

第10回 ドップラー効果前編 2020/05/21

第11回 ドップラー効果後編 2020/05/28

分散登校開始

第12回 ドップラー効果まとめ 2020年6月4日

第13回 力のモーメント 2020年6月11日

次回 未定(分散投稿スタート)

1回あたり30分程度で取り組んで下さい

第1回 電気振動 2020/4/15

第2回 ボイル・シャルルの法則 2020/04/20

第3・4回 分子運動論 2020/04/23

第5回 熱力学第一法則+定積・定圧 2020/04/30

第6回・7回 ・空気で空き缶飛ばし実験 ・等温・断熱まとめ 2020/05/07

第8回 熱効率 2020/05/14

第9回 熱力学まとめ 2020/05/18

第10回 電子の発見 2020/05/21

第11回 ミリカンの実験 2020/05/28

分散登校開始

第12回 光電効果(前半) 2020年6月4日

第13回 光電効果(後半) 2020年6月11日

次回 未定(分散投稿スタート)

※ なお、生徒共有のDropboxの中には補助教材(参考となるWEBサイト+スクリーンキャスト動画など)も入っています。合わせてご利用ください。

中学理科1

#01物質の性質1(前半)(後半) 2020/5/11

#02物質の性質2(前半)(後半) 2020/05/18

#03実験器具の扱い方(前半)(後半) 2020/05/25

次回 未定(分散投稿スタート)

物理の実験付きリモート授業について

※ この内容はClassi、ロイロノート、同じものを投稿しています。ですので、接続できた方を利用してください。
※ アクセスは、①PC、②タブレット、③スマホの順番でオススメします。

物理のリモート授業は

導入動画(実験付き)+プリント+補助教材(スクリーンキャスト動画)+個別質問(ロイロノート質問箱)

 で進んでいきます。一人で学習をすることを考えて、通常の授業より短めに、30分~40分程度で取り組めるようにしてあるので、かならず取り組みましょう。

また導入動画には、普段の授業で見せている実験などは極力導入動画に入れていきたいと思っています。理科の主役はやはり自然現象であると考えているためです。生徒にもできるだけいつもの様子を感じてもらいたいので、語りかけるような形式での導入動画にしています。また補助教材としてスクリーンキャストなども配信していきます。これは問題の解き方などを説明する動画です。

なお学校で対面した後には、この範囲は終わったものとして進みますので、しっかり取り組みましょう。ポイントとなるものについては適宜動画などを用意してサポートをしていきます。いろいろなネット環境が考えられるため、動画についてはデータサイズが大きくならないように、ストリーミングできるようにDropboxにて公開しています。

教材は次のリンクからアクセスをしてください。開いた後に下のほうに「ウェブ版の利用を継続」というボタンを押して下さい。ブラウザはクラッシーからではなくSafariかChromeで直接開きましょう。ロイロやクラッシーが重くなることがあるので、この文章全体を「メモ帳」などのアプリにコピーするといいかもしれません。

※ ここに内部生にはリンクアドレスが入っています(ドロップボックス共有リンクがClassi・ロイロで配信されていますので、そこから読み取ってください)。

学習の手順

0 授業プリントをダウンロード(右上にある下矢印マークをタップ、直接ダウンロードを選択)して、できれば紙に印刷、またはロイロノートに取り込んで書き込めるようにしてください(※)。また教科書を用意してください。教科書が手元にない場合は、市販されている参考書(物理のエッセンス等)でも代用できます。

1 はじめに導入の動画を見てください(5~10分程度)。今日の授業の範囲やポイント・実験を私自信が楽しんで紹介しています。なおネット環境によって私は見れない〜という場合は、無理をせずに見なくても大丈夫です。

例)第1回目の動画

2 穴埋めプリントに取り組みます。

3 答えプリントを見て確認をしましょう。

4 補助教材というファイルは、任意で見てください。わかりにくい部分の問題解説や参考となる動画をまとめています。

例)スクリーンキャスト動画例

雑談が入っていることもあります。これは聞かなくてもいいし、聞いてもいいしというものです。

5 クラッシーで学習記録をつけましょう。

リモート授業を受ける上での注意点

・目を大切に。

目の健康も考えて、できるだけ画面を見ない時間を大切にしたいので、授業プリントだけは、紙に印刷をすることをおすすめします。プリントは印刷をしやすいように世界標準のA4サイズにしてあります。もともとがB5サイズのものだったので、印刷をすると余白がかなりありますが、まわりをはさみで切り取ってノートに貼り付けるなどをして管理しましょう。印刷はコンビニでのネットプリントもできます。mobiAppsにある「かんたんnetprint」アプリも利用できます。使い方はこちらからどうぞ。

・オフラインを大切に。

動画は5分程度のものを数個用意していますので、導入動画は取り組む直前に、その他の動画は適宜御覧ください(教科書でわかれば、あえて見なくても良いです)。穴埋め教材については、教科書をよく読んで取り組みましょう。スマートフォン等のSNSの通知は基本的にすべてOFFにしてください。途中で気が紛れると、もう一度集中するための時間がかかって、二度手間になります。SNSを見る時間は、まとめてとりましょう。

・自分で時間割を組もう。

一斉授業では無い利点が動画にはあります。自分の好きな時間に好きなときに学習をすすめることができます。その一方ペースを作るのが大変です。自分で一日の時間割を組んで取り組みましょう。一日に一気に取り組む必要はありません。気分転換にもなるので、いろいろな教科をミックスさせましょう。なお物理のリモート授業は、週2回の配信を予定しています。

・質問も活用しよう。

問題の解法等、質問はロイロノートの質問箱にいつでもどうぞ。双方向のやり取りをここでとりましょう。感想もどうぞ。

・リモート授業をお互い作っていこう。

いろいろな先生がいます。リアル授業はベテランでも、リモート授業は、わたしを含めはじめての先生ばかりです。また地域や家庭環境などにより、不正解は目についてわかりますが、正解はなかなか見つかりませんし、さまざまな解があります。多くの先生が一生懸命やっていますが、教員がリアル授業に習熟するのには何年もかかるように、リモート授業初年度なので失敗も多くあります。みなさんにとってみると、不十分に思われることも多いかもしれません。リアルならここまでやってくれていたのに…と思うこともあるかもいしれません。ニュースでは最先端のことばかりが取り上げられています。不十分な点はお互い意見交換などしながら、良いものを目指してきましょう。リモート授業ならではの良さも上にかきました(時と場所を超える)。リモート授業にしかできない良いことも見つけていこう。

参考リンク(他の教員向け)

困っているという他県の生徒の問い合わせから一般公開をしました。こちらをご覧ください。

リモート授業については海外の取り組み例などを参考にしています。

リモート授業を成功させる7つのルール

私のリモート授業に対する思いをここに書きました。コンテンツ作りにハマる前に。

教員のリモート授業はコンテンツ<コンテキスト

スクリーンキャスト動画はExplainEverythingを使って作っています。家で作ることができる素晴らしいアプリで、お勧めしています。

神アプリ!反転動画を作る「Explain Everything」のためにぼくはiPadを買った

無料でMeetを使って動画授業を作る方法についてまとめました。

無料でMeetで出来る!動画授業の作り方(リモート授業)