サーモグラフィーで、顔を撮影してみると…

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。 

先日買ったサーモグラフィーが面白くていろいろなものを撮影しています。これは近くに座っていた人の顔をとったときの様子です。

このように服からでている部分が赤くなりますね。またメガネが低くなっていてこれも面白いです。赤外放射を撮影しているので、皮膚からでた赤外線をメガネが反射しているか吸収しているのかな推測できます。

時期的なものや衣服の色合い、室内・屋外で変わるような気がしていますが、真夏日になったときに車などを撮影したり、アスファルトを撮影するとどうなるかなど楽しみです。また折を見てご紹介させていただきますね!

その他の活用方法はこちらです。

コップロケットの温度変化が目に見える!サーモグラフィーがイイ

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。