色と音楽にメロメロ。「2001年の宇宙の旅」をミタ!


コスモス

クラシック音楽と宇宙の黒、宇宙船の白、

そして不気味な赤い目を持つHAL。

今この映画を見直したい。

「2001年宇宙の旅」

この映画は、アーサーCクラークの小説と

キューブリックの映画の同時進行で作られた面白いコンテンツです。

 

映画は1968年に公開されました。小説はその後に公開になったそうですが、

ぼくは小説を先によんで、映画はまだみていませんでした。

小説の感想はこちらからどうぞ

 

見たいな〜と思っていたときに、

なんと近くのブックオフに「2001年」

のDVDが500円で売られていたのを発見!

さっそく購入して見ました。

 

やばい!これはやばいぞ!!

すごい映画でした!これがもう。

 

この映画、台詞がすっごい少ないんです。

では何で間をもたせているかというと、

その宇宙の映像表現、宇宙船の形、

そしてバックで流れるクラシック音楽です。

 

「すっげ〜こんなの作れるんだ!!」

 

と感動しました。スターウォーズの昔のやつを今見ると、

プラモデルのようなチープな感じに見えますよね。

それがまったくなかったです。

今見ても十分すばらしい映像です。音楽もなんかとってもいい。

(言葉足らずでごめんなさい!)

 

もう一つあげるとすれば、

この映画の見せ場であるHALという機械と

宇宙飛行士のバトルです。

 

この映画の特徴的な色は

宇宙の「黒」、宇宙船の「白」、そしてHALの目の「赤」です。

 

機械なのに、カメラの中心に「赤」をもってきた。

これがぼくとしては衝撃的で、この「赤」の表現がとっても不気味に見えました。

黒の中に、白がぽっかんと浮かんで、赤の反乱がある。

 

なんか整然とした美しさと、凶器を感じさせてくれました。

 

はっきりいって映画をみても、ちんぷんかんぷんなところ、

たくさん残ります。それも小説を読んだとき以上に。

 

それでもこの映像表現を是非楽しんで欲しいなと思いました。

 

こっちが小説。

決定版 2001年宇宙の旅

こっちがDVD。

2001年宇宙の旅 [DVD]