昆虫を実食!「食べられる虫ハンドブック」で味を解説!


卵はプチプチの歯ごたえ。幼虫は揚げるとノリ風味。糸をとる前の繭をカットして生きたまま取り出した蛹を茹でると、コーンに似た濃厚な旨味が味わえる。ただ蛹には独特のにおいがあり、好みがわかれる。にんにくを加えるか燻製にすると食べやすくなる。

さて、これな何でしょうか?

スクリーンショット 2014-06-19 15.55.02

為せば成る、洗えば食える、何者も

今何を食べていますか?

ぼくはまだ夕飯を食べていないのですが、
昔食べていたイナゴがなつかしくなります。

みなさんはイナゴなどの昆虫を食べたことがありますか?

長野にいけばハチを食べることがあるようですが、
ぼくは埼玉県に住んでいた頃、
イナゴをとってくるのが仕事だったことがあります。

というのも家の隣が田んぼだったため、
しょっちゅうイナゴがいて、母に取りに行かされていました。

イナゴたくさんいるんですよね〜。

そんなイナゴを袋にたくさんとってきて、
つくだににして食べていました。

食べたのはたぶんイナゴだけでしたが、
そのへんにいるアリを食べてみたり、
ヘビイチゴを食べてみたり、
なんかわかりませんが、そこら中のものを一度食べてみたりしていました。

欲言えば好奇心旺盛?

そんな思い出がある中、
「食べられる虫ハンドブック」を生物の先生から貸していただきました。
これがすごいよかった。

今後世界は人口増加によって、
食糧危機になることが考えられます。

そうしたら何を食べればいいのでしょうか。
食べるものとしてタンパク源になる昆虫は
今後欠かせなくなってくるそうです。

この本には、季節によってどの昆虫がとれて、そして食べられるのか、
そして味はどうなのか、詳しく書かれています。

なかでもいいなとおもったのが、カイコでした。

スクリーンショット 2014-06-19 15.55.09

食べたら特においしいようで、この本では特におすすめだそうです。
カイコはどんな味がするのでしょうか?

味の説明文を読むと、

卵はプチプチの歯ごたえ。幼虫は揚げるとノリ風味。糸をとる前の繭をカットして生きたまま取り出した蛹を茹でると、コーンに似た濃厚な旨味が味わえる。ただ蛹には独特のにおいがあり、好みがわかれる。にんにくを加えるか燻製にすると食べやすくなる。

おお、面白い。ノリ風味なんですね。一度食べてみたくなりました。
これは昆虫の中では食べやすいほうだそうです。

なんとクワガタも食べられるみたいですよ!

スクリーンショット 2014-06-19 15.55.19

 為せば成る、洗えば食える、何者も!

とうちの母がいっていたのが思い出されます。

食べられる虫ハンドブック

図鑑のような構成で、それぞれの季節で取れる昆虫が紹介されています。
旬な昆虫をしらべて食べることができます。

これはオススメ。今後は一家に一冊の時代がくるかもしれません。

今日のオススメ

虫をつかった料理本もある!

むしくいノート びっくり!たのしい!…

次の科学のタネ

科学のネタ帳の更新情報



動画授業の配信はこちら

科学のネタ帳オン Google+