そのまま出る!分子運動論のコツ!【高3】

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2014-05-08 6.58.23

分子運動論は何回も解こう!

今日は分子運動論についてもう一度動画でまとめました。

分子運動論、ヤングの実験の経路差の導出、
などはよく入試問題でもそのまま出される問題でもあります。

しかも多くの問題は、少し変化をつけていますが、
だいたい同じ解き方です。

スクリーンショット 2014-05-08 7.04.19

ですから何度も繰り返し動画を見たり、問題を解いたりして、
理解をしておく必要があります。

分子運動論の特徴は、
様々な仮定があるということでしょうか。

・理想気体であること、

・単原子分子であること、

・偏りのない気体であるということ、

そして熱力学では平均値(文字の上につくバー)の考え方やΔ(デルタ)の考え方が
大切です。

スクリーンショット 2014-05-08 6.59.01

以外と奥が深いことなので、ぜひ授業のあとに教科書を読んで理解できるようにしておきましょうね。

次の科学のタネ

小型ペットボトルロケットの作り方!

20120721185617

科学のネタ帳の更新情報

動画授業の配信はこちら

ツイッターについては更新情報+科学全般、 フェイスブックGoogle+RSSについては更新情報について流しています。 科学のネタ帳オン Google+

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。