ドップラーの公式は覚えてはいけない!【高2】


スクリーンショット 2014-05-02 18.01.53

公式をおぼえていませんか?やめましょう!

ドップラー効果は生徒がとっても困るところです。
というのも公式が、

救急車が近づく場合、遠ざかる場合、人が近づく場合、遠ざかる場合、

さらにさらに、風がふく、壁がうごく、などなど、

いろいろな状況がありえるからです。

こんなとき公式をおぼえて、例えば分母は音源だから~とか分子は観測者だから~

なんてやっていって代入していくと、あらあら、とても対応できません。

ではどうしたらいいのか?簡単な方法を開発しましたよ!!

ドップラー効果のコツ、ぜひこちらの動画を御覧ください。

この動画でわかるのは、ドップラー効果も結局は公式をおぼえるのではなく、

絵をかいて考えていくとよいということですね。
そして公式をその場で作っていく、そんなことが大切です。

スクリーンショット 2014-05-02 18.09.06

またこのときかたは、音源に口を書いたり、観測者に耳をかいたりと、
どくとくのやり方です。今回は1つのパターンでしかやりませんでしたので、
ぜひ別のパターンでもやってみてくださいね。

波動については授業の内容をまとめた本も出しています。

「ぶつりの123 波動編」

こちらにもドップラーの公式の3ステップ解法をのせています。

また上の大学にいくと、どうやってこの公式が導かれたのか?
を問う問題が多く出てきますから、授業で取り組んだように、

導出過程についてもよく理解していきましょうね!

次の科学のタネ

科学のネタ帳の更新情報

ツイッターについては更新情報+科学全般、

フェイスブックGoogle+RSSについては更新情報について流しています。

科学のネタ帳オン
Google+