生徒やICTを主役におきすぎない授業展開例の紹介


20131004203038

同僚のI先生の授業を見に行った。

古くも新しい展開に驚いた!

 

今日は同僚のI先生の授業を見学にいきました

 

I先生はいっしょに「特別教養講座」を企画し、

生徒を現場につれていって学習活動を行ったり、

絵本を作ったり、非常にアクティブで発想力豊かな先生です。

 

そんな先生の授業をひさしぶりに見せていただいたのですが、

 

これがもうすごかった!!

 

ぼくは最近になって自分のやっている授業形態が

パートナー方式の教授法だということに気が付きました。

その記事はこちらを参考にどうぞ

 

そのお話を先生と話していたのですが、

非常に納得していただきました。

「これはたしかに大切だ!」

 

そして今日見せていただいたものは、

まさに先生も、

この教え方を取り入れて授業を行っていたのです。

 

先生に言わせると、

これは実験的な導入みたいなのですが、

完成度の高さに驚きました。

 

生徒には「現在の交通機関(鉄道)の問題点とその改善点」を考えさせます。

 

地域別に(千葉在住グループなど)グループを作って、

生徒が地図帳を片手にいろいろと考えを話し合っていきます。

このときの机の形態は、グループワークをしやすい形でした。

20131004203037

 

そして発表の段階では通常の形に机を戻していました。

20130920192834

 

生徒に発表をさせて、質疑応答をさせます。

質問はなかなか出てこなかったのですが、先生がそのつど質問をしていました。

 

そして最後に先生のまとめをおこない、

また一斉授業に移っていったのです。

 

文章にするとよくある形態かもしれませんが、

この流れがとってもすごかった。

 

アクティブラーニングや反転授業では、

講義の時間をなるべく短くして、できるだけ生徒が話し合ったり、

考えたりする時間を作ります。

パートナーの時間をより大切にするという感じでしょうか。

 

でも先生の授業では話し合いの時間があり、

パートナーの時間もあり、

そしてその後の講義ではコーチの時間もありで、

その形態に合わせて、机の様子も明確に別けられた形態でした。

 

マグネットをあえて使う

さらにはICT機器は一切使わず、

マグネットにいろいろな言葉を書いて、

黒板の上で並べ替えをする今までのスタイルを取り入れています。

 

先生はICTが苦手なわけではありません。

iPadを使いこなす先生です。

 

その先生が、マグネットと紙で作ったものを

わざわざ使っているのです。

 

そう、ICTは単なる選択肢の一つにすぎないのです。

効果的なものがあれば、それを使う、

I先生にとってみれば、iPadよりもマグネットだったのでしょう。

 

 

生徒も生き生きとしていました。

6時間目の授業で高校3年生の受験生であったにもかかわらずです。

 

パートナー方式の教え方は、ぼくも実戦していて有効なことを感じていますが、

I先生のものをみて、それに偏ってもいけないということが

よくわかりました。

 

古典的な一斉授業、アクティブラーニング、反転授業、パートナー方式・・・。

まだまだ授業形態というのは、豊かで言葉で定義されないものがあふれています。

面白いなぁ!

 

I先生のサイト「Geosalon」 もおすすめです。

 

次の記事はこちらをおすすめします

 

20130920195309

パートナー方式の教え方

 

参考になるオススメの本

・『楽しい「授業づくり」入門

・『グループのちからを生かす

・『男の子の脳、女の子の脳

20130924130129 今日の『科学のタネ』

授業の形は まだまだ決まらない 楽しいことだ!