学校でも使用可!夢の無線トラックボールマウスを買いました

ケン博士
サイエンストレーナーの桑子研です。マウスで困っている人はいませんか?

ロジクールのトラックボールマウスを購入しました。MXERGOというもので、少し高いのですが、トラックボールマウス派にとっては夢のようなマウスです。

 こんな感じで握って使います。ポイントは親指でマウスのカーソルが動くので、全体を動かす必要がないということです。

無線でも使い方は簡単。マウスについてくる子機をPCにとりつけることによって、

縦1cm横0.5cmくらいの小さなものです。

 すぐに使うことができ、マウス自信の充電もUSBで行います。長く使っている先生もいるのですが、そうそう充電はしなくてすんでいるとのことでした。

心配だったのが、勤務校のPCにはセキュリティー対策が入っているのでUSBメモリなどが動作しないように設定されているという点です。これも動かないかもしれない?という心配もあったのですが、無事つけるとしっかりと動作しまいた。うれしいです。

トラックボール型のマウスは、マウス自体を動かす必要がないので、長く使っても腱鞘炎になったり、つかれてしまったりするということがありません。またそもそもマウスをあまり使わないように、ショートカットキーをおぼえておくというのも、作業を効率化するために必要なことです。

このマウスを使うだけで年間にすれば大きな時間短縮になると思います。もし使ったことが無い方がいたら、どこかでためしてみてからが良いと思いますが、購入をしてみてください。ぜったいに後悔しないとオススメできます。

ちなみに私は普段マックをつかっていますが、マックでもきちんと作動しました。

USBタイプCになっているので、ちょっとこのコネクタが醜いです。

全体的にはこんな感じです。

 デスクトップ型のものにつけるといいかもしれませんね。普段はトラックパッドで十分です。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。