400円で定常波!振動装置の作り方(科学のネタ帳)

ケン博士
スピーカーが400円!安すぎる!サイエンストレーナーの桑子です。 

弦の振動装置の作り方

今日はこちらの弦の振動の装置の作り方について、まとめてみたいと思います。使うのはこの400円USBスピーカーです。とても簡単に、また格安で作ることができるので、オススメできる実験道具です。

用意するもの

スピーカー、iPad、USB電源、ハサミ、カッター、タコ糸

作り方

まずスピーカーの表面にあるカバーをとりはずします。力をこめてひっぱると簡単にはずすことができます。

次にスピーカーのコーンとなる部分についたまくを切り取っていきます。カッターで切れ込みを入れて、あとは手で剥いていくような感じで取り除くことができます。LとRどちらも同じような感じでとりさりましょう。

カッターで切り込みをいれて

手でむしり取っていきましょう。

このような感じです。導線はきらないでくださいね。

次に振動する部分にタコ糸をかけます。これで完成です。

タコ糸は100円ショップで買いました。

こんな感じです。

あとは、iPadをつかって、適当な機械音をスピーカーにおくります。コーンがないので、音はあまりせず、タコ糸が振動します。すると、様々な定常波が観察できます。

USB電源をつかってスピーカーの電源をとります。この電源も100円ショップにうっています。すごい世の中ですね。

全体図はこのような感じです。

こちらが実際に定常波をつくったときの様子です。

ICTの活用というと、デジタル機器のみで完結するように思えますが、今回の例のようにアナログとデジタルの中間を狙うと、生徒にも感動を呼び起こす素敵な実験をすることができますね。

もしよかったらお試しください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。