手軽に1万ボルト!静電高圧ゼネコンで理科実験

ケン博士
 今日はビリビリマシーンの紹介です。バンデグラフではなく、小型で実験できる「静電高圧ゼネコン」がすごいんです。サイエンストレーナーの桑子研です。 

ナリカの静電高圧ゼネコンを一つ購入しました。

これで実験室に移動せずとも、教室でも静電気の実験ができます。また季節を選ばずに夏でも実験ができるようです。公式サイトの説明には次のようなことが書かれています。

ハンドルを回すだけで約10,000Vの高電圧が発生する手回し発電機です。

1万ボルトの高電圧が発生するのであれば、放電もみられるはずだということで、実際に試してみました。こちらの動画を御覧ください。

たしかにバチバチと目に見える形で放電が見られます。すごい!これをつかって、「ライデン瓶」に電気をためてみました

実際にどの程度たまるのか確かめてみました。やってみると、なんとびっくり。通常のバンデグラフと同じレベルでたまり、体に電気が流れました。

できれば班に一つずつほしいところかとおもいますが、まずは演示実験で大活躍しそうです。オススメの実験道具です。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。