あれ?水面が自然に上がっていく!?スチールウールの燃焼実験

ケン博士
 今日は台所で使うスチールウールを燃やしてみるという実験の紹介じゃ!不思議な現象をいっしょにみてみよう! 

現在中学の理科1分野では、酸化について学習をしています。教科書にある実験の一つに、スチールウール(鉄)の燃焼による酸化反応の実験があります。昨日この実験をやってみました。

スチールウールをバーナーで少し燃焼させてから、水のはったパットの中の台の上におき、酸素をつめたビンをかぶせます。

 すると酸素と反応して激しく燃焼します。水面に注目しながらこちらの映像を御覧ください。

水面が少しずつ上にあがっているのがわかりますね。なぜこのような現象が起こるのでしょうか?以前ろうそくでも同じことを行ったことがあるのですが、同じように水面があがっていきます。

なぜ?ろうそくのほうがちょっと複雑な現象なのですが、とっても楽しい考えるトレーニングとなりますね。ろうそくなどは、考えても考えても、これでいいのかな?と不安になってきます。

実験の醍醐味は考えることにありますね(^^)楽しい。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。