偏光板1枚をテレビに向けてまわしてみると…わぁ!

ケン博士
偏光板をテレビに向けてみると…、驚きの現象が!サイエンストレーナーの桑子研です。

先日紹介した偏光板万華鏡ですが、これは偏光板を2枚組み合わせて、1枚目にセロテープをはって、もう一枚をくるくると回すということがメインの面白い万華鏡でした。

偏光板を2枚使うというところがポイントになり、2枚を組み合わせることで色味がコロコロと変化します。

今回は偏光板1枚で、楽しめる実験についてご紹介します。

テレビやパソコンと偏光板

用意するもの

偏光板

実験方法

どのような実験かというと、偏光板1枚をテレビやパソコンに向けるだけです。テレビやパソコンを偏光板1枚をとおして覗いてみて下さい。

実験結果

そのまま、偏光板をくるくるとまわしてみると、

えええ! 

なんと、テレビやパソコンの光がカットされて暗くなります。こちらの動画を御覧ください(偏光板万華鏡の筒のほうだけを使いました)。

いかがでしょうか。

まわすと…

画面が見えたり、また画面がくらくなったりしますよね。このように、テレビやパソコンの画面から出ている光はもともと偏光であることがわかります。

ではスマートフォンはどのように見えるのでしょうか?ぜひお手元の偏光板でお試しあれ(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。