「好きよ!」とささやく不思議なヒモ(トーキングテープ)

ケン博士
トーキングテープって本当に面白い!

 あのトーキングテープを買いました(^^)

 これはプラスチックでできた帯に予め凸凹が掘られていて、ツメを軽く立ててこすると、プラスチックの帯が振動をして、声がきこえるというものです。

テープには凹凸がついています。

仕組みと使い方を説明します。中にはいっているのは赤いプラスチック製のテープのみです。

このテープに凹凸がついています。これを紙コップにはりつけます。

爪を軽く立ててこするように引きます。するとある言葉を話します。今回は「あなたがすきよ」とお話をするテープを買ってみました。

こちらの動画を御覧ください。

「あなたが好きよ」と話し始めるのが面白いところですね。早くこすれば高い声に、遅くこすると低い声にきこえるのも面白いです。あまりツメを強く立ててしまうと切れてしまうので注意が必要です。小学生にさわらせるときにはご注意下さい。すぐに壊してしまった経験多数あります汗。

このテープをいろいろな小学生対象の実験教室でも配っています。直近では9/30 T−KIDS『フシギかがく実験教室』で配ろうと思ってます。いろいろな音に関する実験も用意しているので、もしよろしければご参加ください(^^)

お申込みや詳しい内容はこちらからどうぞ

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。