目が離せない!乗数が自然と身に付く動画「Powers of TEN」

昨日の授業でぼくが大好きな動画、Powers of TENを見せました。この動画に出会ったのはぼくが学芸大学にかよっていたときのある授業でした。衝撃劇な内容で、1977年に作られたもののようですが、今見ても古いと感じられません。こちらを御覧ください。

今いる地点から、10の24乗[m]の場所まで行き(宇宙のはて)、さらにそこから、10のマイナス12乗くらいまで一気におりていくという動画で、当時の科学バンザイのような雰囲気も窺えるとてもおもしろい作品です。「乗数」の世界をイメージするのにも最適です。ちょうど科学は目に見えない世界で、水素原子などのおよそ50pmなどの世界を扱うんだよということを言葉で説明するよりも明確に示すことができます。

流石に授業でこんなに長くは見せることはできないので、おすすめは4分46秒くらいから見せるという感じでしょうか。

ブラタモリをみていたら、2000年前の噴火にたいしてタモリがつい最近だという発言をしていましたが、46億年前というスケールをもっているとつい最近で通じることになります。タモリさんのおすすめは、46億円を手に持っていて、そのうちの2000円なんてはした金だよね、みたいなことを言っていました。このような空間や時間スケールをもって理科に取り組むと見える世界や理解も一気に深まることでしょうね(^^)

おすすめです。ぜひ御覧ください。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。