鹿児島へICT活用講演会に来ています

鹿児島県立甲南高等学校にてICT活用講演(出張NSA)を行うために、昨日から鹿児島に入りました。

鹿児島はご存知のとおり、台風が近づいていて風が強い。離陸はできても着陸ができるのだろうか?

そんな不安がつきまといます。

着陸前、飛行機の羽根に勢い良く空気があたり、2手に別れますが、その上側にわかれた空気が白くなり羽根からきれいな雲が発生していました。なぜこのような現象が起こるのか、とても気になったのですが、グラグラとゆれる機体の中で怖くて余裕がなく、祈っていました。

そうしたところ、「強風のため、着陸ができません。一度上昇します」というようなアナウンスが流れて青ざめました。

福岡空港に着陸するかも…、そう思ったのですが、もう一度着陸をやりなおしてなんとか無事つきました。

前日に入るような日程を組んで正解でした。明日だったらどうなっていたことでしょう。台風の動きによる天候の変化が予測できません。

怖かったので、霧島神社に行き、霧島九面というお面の中の交通安全という、いかにも効果がありそうな怖いお面のストラップを買っておきました。

東京はどんな天気なのでしょうか。

鹿児島でいろいろな先生方にお会いできるのが今から楽しみです。というか、台風で先生方が集まって来れるのかも心配なところです…。

講演の様子などについては、後日こちらにてお知らせしたいと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。