買って損無し!イージーセンスV-Hubで予備実験がラク

イージーセンス(easy sense)「V-Hub」とeasy senceのiPhoneアプリがでて、より簡単に実験ができるようになりました。

V-Hubの様子

V-HubはBluetooth接続でiPhoneに実験データを送ることができるアプリです。実際に触ってみたところ、Bluetoothになったことによって、省電力はもちろんのこと、なかなか接続が切れにくくなって、より便利になったように感じています。

例えばコンデンサーを充電して、その放電の様子を観察してる実験を行ってみようと思います。

充電後にV-Hub入れて、電圧センサをつかって回路を組みます。

iPhoneにデータを送るように設定をします。

あとは実験を開始すると、

このようにリアルタイムに電圧の変化を観察することができます。実験後は絵データを見やすく加工をすることも可能です。

iPhoneアプリが出たことにより、より簡単に予備実験をすることができるようになりました。大活躍です。見ているだけでも面白いですね。プロジェクタにつなげば生徒皆で観察することもでます。試しに、無線でV-Hubにつないで、その上でAppleTVと画面をミラーリングしてみたのですが、うまくつながりました。無線でプロジェクタまで画面がとんだことに驚きました。

easysence教員の方はぜひ1つお買い求め下さい(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。