きめる!センター物理基礎をマスターすると何点とれる?

LINEで送る
Pocket

拙著『きめる!センター物理基礎』(以下『きめる!』)について、

この参考書を使うとセンターでは何点くらいがとれるでしょうか?

という内容の質問がAさんから届きました。携帯メールアドレスであったため、返信をさせていただいたのですが、届かずに戻ってきてしまいます。もしかしたら、同じように気にかけている受験生もいるかと思いますので、こちらで返答をさせていただければと思います。

−−−

『きめる!』については、学校の教科書「物理基礎」と合わせての使用を前提としています。そのため全てを解説するということを目的に書いたものではなく、教科書のみでは理解が難しい所を中心に(つまり計算問題や考え方を中心に)書きました。そのようなこともあり、絵や図を多くして、できるだけわかりやすく、読んでいる人が目の前で授業を受けているように書きました。

『きめる!』の中に対話形式の部分や公式をチェックするアプリがついているのもそのためです。

その反面、教科書を読めばわかるような知識、例えば発電の仕組みやエネルギーの変換のところなどは、思い切って省いています

そのため『きめる!』参考書1冊のみですと、それだけをつかってマスターした場合は、センターでは80点くらいかなと思います。

センターでは大問1の小問集合などで、知識問題も出題されるためです。教科書と『きめる!』の両方を一緒に使っていただいたときには、100点をとれるはずです。

−−−

いかがでしたでしょうか。

センター物理基礎は過去問をやってみるとわかるように、深い問題はほぼ出ませんので、平均点も今のところ高くでています。文系でも物理基礎を選ぶメリットは十分あるでしょう。夏休みにおちついて勉強をしてみていただければと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。