引っ越しで活躍の「ワザアリテープ」は理科室でも一本!

引っ越しをすることを決めていて、現在準備をしています。ものが少ないと思っていたのに、いつのまにか本やら実験道具やらが増えてしまっていて…、ダンボールに詰める作業で一日が終わりヘトヘトになっています。

詰め込みをするときにマスキングテープを使っており、張った後にきれいにはがせるのが良いのですが、ちょっと粘着力が弱く、向いていないものもあります。例えばトースターや冷蔵庫の扉をとめるには力が弱い。

かといってガムテープでとめると粘着力が強すぎて、塗装がはげたりベタベタしたりしてしまいそうで、困っていた所、家内が友人からもらったというテープを使っていみました。

このテープでためしに止めてみた所、すごい良かったのでおすすめです。

ワザアリテープ

このテープの良い所は次の3つです。

①きっちり貼れる粘着力

②きれいにはがせる

③指で切ることができる

電子レンジの扉、トースターの扉、棚があかないように貼る、などいろいろなところで活躍!

という三拍子がそろっており、使っていたらすぐに終わってしまい、近所のイトーヨーカドーにいってテープを探してきました。すると今売れているらしい?のか、コーナーにずらっと並べて販売されていて、3個買ってきました。

よくよく説明書きを読んでみると、貼ってはがせるから、ラベルとしても使えるということで、黄色のテープを買って、黒マジックでかけば実験の引き出しなどにペタペタと貼って、入っているものを書いておくことができます。

今まではビニールテープ(絶縁テープ)を使っていましたが、剥がしたあとにベタベタとすることもありました。これならきれいにはがせそう。理科室整理にもおすすめできそうです。

そんなこんなで、10年以上住んだ、思い出の街「亀有」からも別れのときが近づいています。こち亀の両さんでおなじみで、雰囲気もすばらしく、とても住みやすい街でした。お祭りなども楽しく、まだずっと住んでいたいのですが、様々な事情から引っ越しを決めました。

ありがとう。亀有。

大型のダイソーもあるので、実験道具を買いに引っ越した後も訪れることにはなると思いますが、寂しいです。

引越し先は、柏の葉T−SITEの付近となります。夏休みの自由研究向けの実験教室もT−SITEにて依頼を受けて実施することになりました。いろいろな出会いを楽しみに、後ろ髪が引かれますが亀有に別れを告げます。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


 

 

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。