物理基礎の角度あるある!が漫画になりました!

LINEで送る
Pocket

務め始めて11年が経ちました。その間に、毎年のように中学校や高校で女の子に向けて物理を教えていると、様々な質問を受けてきました。「生徒は何がわからないのか?」ということは、私達教師にとっては宝物です。自分の説明が不足していることがわかったり、生徒が理解に苦しむ箇所を把握できるからです。私はそれらの質問を受けたときに、小さなノートに内容を書き留めていきました。

ノートにまとめていくと、毎年同じような質問を受けることがわかってきます。これらの質問について、それらを解消しようと思い、ホームページに書いたり、参考書を執筆したりしながら、他校の生徒のわからないにも答えようという試みを今まで行ってきました。

そんな中、「生徒がつまずく「あるある」のようなものがありませんか?漫画にして紹介をしたいのですが…」というご提案を、東京書籍の理科を編集をしている方からいただきました。ノートを取り出して探してみたときに、毎年必ずといっていいほど質問をされる「角度あるある」というものを紹介しました。

○ 角度あるあるとは?

※ イラストは漫画家「いちごとまるがおさん:HPアドレス:http://itigotomarugao.jp

 生徒から毎年のように聞く質問の一つに、「なぜ、ここの角度はθになるのですか?」というものがあります。具体的には斜面上での力の分解、力のモーメントをはじめとする2次元上での力の分解、などの単元でよく質問をされるところで、与えれれた角度θを使って力のある方向の成分を考えていくというようなものです。与えらた角度θを、三角形の相似条件などを使って、別の場所に移動をさせていく作業をします。これが慣れないうちはなかなか難しいようです。

ただし直感的にわかる「ある方法」があります。それをいつもアドバイスしていました。そのポイントは「図を描いて考えていく」という方法。当たり前のようですが、単に図を描くのではなく、あることに工夫をして図をかいていくのです。

拙著「ぶつりの123」にもまとめられています。

そのことについてお伝えをすると、さっそく提案をしたとおりの漫画と、そして物語を載せて作っていただきました。

読ませていただくと、漫画家さんの工夫により、やわらかくて親しみの持てる絵で、高校生が読めばわかるように絵でまとめられています。高校生目線のある授業での一コマとして、ストーリー仕立てになっていることから、すぐに読めて、実際にわかるように作られていることに感動しました。

 ※ イラストは漫画家「いちごとまるがおさん」

 私が伝えたことが、こんなにも素敵に編集されて漫画という媒体で発信されたことに驚いています。今後同じ質問をうけたら、この漫画を読ませえたい、そう思える作りです(^^)

第二弾も今作っているそうなので、近々みなさんにもご紹介したいと思います。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。

科学実験講座のお申込み

教師のための理科実験講座を開講しています。明日から使えるおてがるなものを中心に、実験を体験できる講座です。

5/19(金) C 力学① (ビースピ・iPad等)
7/21(金) C 波動① (気柱の共鳴等)
7/29(土) A 力学② (力学台車の活用)
7/29(土) B ICTの活用 (電子黒板等)