【絶対】パワポで教師が覚えておくと役立つ4つのボタン

LINEで送る
Pocket

これだけは押さえておきたい!

中高の教育現場での標準はまだまだウィンドウズが主流です。そんなことからpowerpointを主として使っている人も多いかとおもいます。ぼくもスライド作成はkeynoteで大枠を作りつつ、powerpointに最終的にして、学校では使っています。こうすることで、後で他の人も改変しやすいためです。アニメーションは極力入れないようにしています。

そんなpowerpointを使った発表で覚えておきたいのが、スライドショーの開始のショートカットキーです。スライドショーの開始を、マウスで行うとイライラしますし、見ている人もマウスが動くので集中できません。

F5

スライドショーの開始のショートカットキーは「F5」です。キーボード上部にあります。これを1回おすと、スライドショーがはじまります。

F5を押すと…

ただし頭から始まってしまいますので注意が必要です。現在選択しているスライドからはじめる場合には、「Shit」をおしながら、「F5」を押せばうまくできます。

例えば、「パワポのテクニック1」と「2」のスライドがあって、「2」のみを選択してF5を押すと、

F5を押す…

「1」から始まってしまいます。ではなくて、2から始めたい場合は、「Shit」をおしながら、「F5」を押せば…

「2」からはじまりました!

Esc

またスライドショーを途中でやめて、動画等を見せるときもあるとおもいます。そんなときは、「Esc」キーをおしましょう。キーボードの左上に配置されています。

ときには、パワーポイントの画面が必要のない場合もあります。例えば、複数人で発表をするときに、次の人はパワーポイントを使わないけど、その次の人は使うというような場合です。そんなときは「b」を押します。

スペースキーのすぐ上の「b」です。すると画面が真っ黒になります。

 

「b」を押すと…

画面が真っ黒に!

 もちろんプロジェクタは黒を投影しようとするので、ほぼ光がでなくなります。これはブラックの頭文字なので覚えやすいですね。戻したい場合は、もう一度「b」を押せばもとに戻ります。

「b」を押すと…

もとに戻りました!これはかなり使えます!

まとめ

プロジェクタのスイッチを切る必要がないので、重宝します。

「F5」 「Esc」 「Shift+F5」 「b」

この4つを覚えておけば、慌てることがなくなります。教員はおさえておきたいですね(^^)

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


 

SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。