青い海のような一面のネモフィラと本当の海が同時に見れる場所

桜も今年は珍しくて入学式まで咲いていましたね。桜も散ってしまったので、週末にドライブで国営ひたち海浜公園にいってきました。ネモフィラを見に行くためです。

実際にいってみると、辺り一面がネモフィラだらけ。まるで海のようでした。

ちょうど丘のようになっているのですが、あざやかなブルーに埋め尽くされています。ネモフィラは北アメリカ原産の一年草だとのこと。足元にさく小さなきれいなお花です。

見に来ている人も多かったのですが、これはたしかに見たくなりますね。遠くには、海もみえて、ネモフィラの青と深い海の青がまた美しかったです。5月ころまで咲いているようなので、もしよかったら見に行ってみてください。

園内では、ちょっとしたアトラクションもあり、小さな遊園地のようになっています。またベビーカーも貸し出してくれたので、子供連れにも優しいですね。

そろそろツツジなども咲いてくるのでしょうか。お花見の楽しい時期になってきました。みなさんはどこかオススメの場所はありますか?

PS 旅の途中懐かしの地、つくば市にいってJORNALというカフェにいってきました。青空の中、非常にゆったりと寛ぐことができるカフェでした。

小さな小部屋のような席にとおされて、ゆったりとした時間をすごすことができます。ぜひお立ち寄りください。

こどもにお昼をあげることもできました。

庭もきれいです。ゆったりできました。大学時代にはこんな場所知らなかったなぁ…。

科学のタネを発信中!

ニュースレターを月1回配信しています。


 

フェイスブックページ(科学のネタ帳)の登録はこちらから


 

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。