うんうん。ニホニウムが入ってうれしい科学ポスター元素周期表

ニホニウムの登場です!

一家に1枚の元素周期表が新しくなって、あの「ニホニウム」が追加されました。こちらからPDFをダウンロードできますので見てみてください

科学技術週間 一家に一枚シリーズ 元素周期表より

追加されたというよりは、ウンウントリウムからニホニウムに変わったそうです。番号が113番目で、半減期が0.0014秒だからはかない命だということがわかります。両サイドの元素と比べても短いですね。

なんとなくですが、「ジャポニウム」のほうがかっこいいなと思っていましたが、名前がついてしまうと、これはこれでいいな!とおもってしまいます。

ぼくが発見したわけでもないのに、名前に「ニホ」と入っているとうれしいものですね。ウンウントリウムよりもよっぽどいいです。

一家に1枚シリーズはAmazonでも買えます。こちらは第9版なので、ウンウントリウムバージョンです。

ぼくも実は光図というものの監修をしました。一家に1枚シリーズって読み物としても完成度が高いのでおすすめです。

名前負けしないように

こんなすごい話題のあとに並べるのもおこがましいのですが、先日ぼくの名前「桑子研」について、本名ですか?なんて聞かれたことがありました。

正真正銘、本名なのですが、なぜかなとおもったら「研」とついているところが「研究」みたいな感じで、科学を連想するのだということで、本名だとは思わなかったようです。

そういう見方もあるものなのかな〜と不思議な気持ちになったのです。

というのも、米村でんじろう先生の「でん」は電気を連想させるし、柳田理科雄先生なんか「理科」ですものね。本名がもうまさにそれ!みたいな先生の名前を見ていて、「いいな〜」なんて思っていたのですが、自分の中にもそういう連想させるものがあっただなんて。

名前負けしないように、気を引き締めていかないと思います。

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。