ダウンロードフォルダを一発で開こう!(Mac)

ダウンロードフォルダを一発で開きたい!

なんかちょっとこうしたいな〜と思ったことはありませんか?インターネットでいろいろなソフトや画像をダウンロードするとき、ぼくはいつもダウンロードフォルダを開くのが面倒でした。そこで、ショートカットを作ってデスクトップにおいていたのですが、ショートカットを置くとデスクトップが汚れるので、それが嫌だったんですよね。

そういえば、ショートカットキーはあるのかな?と思って探してみたら、あったのです。

command + option + L

※ Macの場合

で一発で開くことがわかりました。これは便利!

ショートカット−キーとの出会い

大学院でのこと。ぼくの隣の席だった、研究のスピードが速い先輩は何が違うのかな?と思っていました。その先輩は当時のぼくにとって、とても不思議な人で、発表会のときには目を閉じてずっと寝ている用な感じなのに、質問の時間になるとパット目を開けて、的外れではない質問を投げるという、スーパーマンでした。

研究のスピードもめちゃくちゃ速くて、どんどん新しい図を作り上げていきます。

そんな先輩のなぞが知りたくて、先輩の動きを数日間よく見ていると、とにかくマウスをあまり触らないことが気になりました。ぼくと比べるとマウスの使用率が格段に低いのです。つまり多くの作業をキーボードから行っていました。

マウスでいいじゃない。

マウスでいいじゃない?とはじめは思ったのですが、マウスをつかって操作する場合とくらべて、2〜3倍は速く目的のことをしています(特定のフォルダを開いたり、フォルダを作ったり)。

これは覚えるべきことなのかもしれないな、、、。と思って、いろいろ調べてみたら、キーボードショートカットというものが、山のようにありました。それからというもの、ぼくも真似をしようとおもって、キーボードショートカットをいろいろと覚えるようになりました。

一つ一つはちょっとした時間の節約なのですが、これらを覚えて組み合わせるとPCの操作が格段に早くなることに驚きました。今回のダウンロードフォルダへのショートカットもそうなのですが、研究や仕事の速さって、ちょっとした工夫の組み合わせなんだなということがわかったので、

学校で仕事をしていても、ちょっとしたことがどんなことなのかをよく観察するようにしています。

みなさんのまわりのすごい人って、どんなちょっとした技を使っていますか?

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。