センター試験に出たCDの干渉縞を見てみよう!

93年の物理の本試験では、CDと回折格子に関する問題が出題されています。CDを真上からみたときと、そこから目線をさげていったときにみえる干渉の様子についての出題で、目線をさげていくと、何色から見えてくるのか?という出題がありました。

今日はそんな問題をセンター試験対策講座で解いていましたが、さてみなさんは何色だと思いますか?

実際にこういったものはやってみるのが良いと思いますので、実験をしてたしかめてみましょう。

科学のレシピ

1 CDを机の上におく。CDのまわりを紙などでかこいます。

2 光源を1方向にしたいので、家の場合は照明は上部のもの以外きってください。教室の場合は、蛍光灯を一つだけ光らせるようにします。

2 真上に目線をおいて、その状態から少しずつ座りながら、目線をさげていきます。

iPadで撮影をしたので、こちらを御覧ください。

いかがでしたでしょうか。青から色がでてきて、赤までいろいろな色がでてくることがわかりますね。これがm=1の干渉縞です。その後、光らない部分がでてきて、そしてm=2の干渉縞が現れます。

目線合わせとしてiPadを使いましたが、こういった使い方もできるので、便利ですね。生徒といっしょに実験をして確認をしながら、今日はそんなセンター入試問題をといてみました。

みなさんもぜひお試しください(^^)。自宅でも簡単にできていいですね。

PS 波動に関する本を書きました。波動だけという本も珍しいですよね。干渉についても書いています。もしよかったらご覧ください。

講演実験教室×ICT【日本各地で行っています】
実験教室・実験講演・実験講習会を開催しています  学校で理科実験を行う機会が少ない。親子でいっしょに実験を体験してみたい。 ...

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

科学イベントのお知らせ

全国で科学イベントを実施しています。詳しくは下のボタンからどうぞ。

桑子 研(くわこけん)
 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。