プロマジシャンから学ぶ!「マジック講座」を実施しました


shingotetsuo

今日は特別教養講座『マジック講座』を学校で開きました。

特別教養講座という講座は、本校の複数の教科の教員と、外部講師とが協力しておこなっている本校独自の企画です。

今回はプロマジシャン集団のROUTE13のテツオさんとシンゴさんをお招きして、マジックを教えてもらう企画を立てました。

プロデューサーの能登さんにいろいろと打ち合わせをさせて頂き、実施することができました!

集まったのは中1から高2までの18名の生徒です。

まずはつかみのマジックとして、空のコップの中からレモンが出てくるという
マジックを見せていただきました。

レモンがコップの中から一つ、二つと出てきたときには、驚きのあまり、
皆口を大きく開けて目を見開いていました。

人は本当に驚いた時には、声も出なくなるようです。

タネを教えていただくと、初めの振りのお話から実はマジックが始まっていることや、
磁石を使うなど、ちょっとした、でも考えもつかないテクニックが隠されていました。

目線をうまく別の所に流していくというテクニック。
何度見ても信じられませんでした。

続いて4つのグループにわされて、それぞれのグループで別々のマジックを
教えていただきました。

キャプチャ4

簡単なものを選んでくれたようなのですが、
後ろから見ていてもタネが全くわかりません。教えていただくと、なーんだ!
というものばかりだったのですが、ちょっとした事の積み重ねが、
人の目を集中させてタネをしかけるのだなと、感激しました。

20分程度マジックを練習したあとに、各班の代表生徒によるマジックショーの開演です。
短い練習時間にもかかわらず、上達しており、後ろから見てきたのですが、
タネがわからないものが多数ありました。

次に本校の国語科の金井先生らマジシャンズリードという心理学を使ったマジック
について、体験と制作がレクチャーされました。

キャプチャ9

言葉のマジックはボキャブラリーがものをいうようです。
一生懸命作ってきた生徒の姿が印象的です。

また私の方から理科として、科学マジックを紹介しました。

キャプチャ

空のコップから、イチゴが出てくるマジックです。

液状化の話と絡む、ちょっとしたマジックだったのですが、
生徒はおどろいてくれました(^ ^)

最後に質疑応答が行われました。
質問では、マジシャンになろうと思ったきっかけや、
マジシャンはモテるのかどうか?、
どのくらい練習をしているのかなど、様々な質問に答えてもらいました。

最後にタネのわからないマジックを見せていただいたのですが、
これがプロの技なのか!と驚きの連発。

キャプチャ5

トランプが、アクリル板に変わったり、
ペットボトルの中にトランプが入ってしまったり、

キャプチャ7

みてください!カードが入っています!未開封のペットボトルの中に!

キャプチャ8

おきまりのあのスプーン曲げならぬ、
フォーク曲げなど、目の前てたくさんの不思議を
体験しました。

キャプチャ6

これらのタネは教えていただけませんでした。

そんな盛りだくさんの講座です。生徒は時間があっという間だったようで、
サインを貰って大満足の2時間となりました(^ ^)

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・科学の動画こちらからどうぞ

・科学のネタ募集中!

科学のネタの情報の提供、ご質問、ご相談ははこちらにお願いします。
ネタの掲載にあたっては、お名前などを載せさせていただきます。
またご質問、ご相談などはお気軽におよせください(^^)

・Lineでの情報配信もはじめました
友だち追加数

・メールマガジンはじめました


 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です