勉強法を勉強せよ!密度の式を「しみた」で覚えてみる方法


スクリーンショット 2016-05-15 7.22.02

勉強に近道はない!という言葉は嘘です。近道はあります。ただし、それは生徒によって違います。

今日は中学1年生に向けて記事を書います。中学1年生のみなさん、テスト勉強進んでいますか?

テストでは、密度の式が出てきました。

密度=質量/体積

暗記は得意という生徒も多い中、このような式が出てきて、数字を当てはめていくというのが苦手な生徒も多いかもしれません。

苦手な人も、得意な人も、どのようにして自分の中に落としこむかを考えていくといいでしょう。

例えば、密度の単位はg/cm^3というものでした。gは質量、cm^3は体積、「/」は÷という意味(分数の線)がありますから、単位を見れば密度の式をおぼえる必要はありません。

そして質量を「体積で割る」ということは、同じ大きさにして質量をはかってみようという意味があります。このようにイメージをすることもとっても大切です。

スクリーンショット 2016-05-15 7.21.57

なぜ密度が必要なのかというと、このように同じ体積で質量をはかると、物質を分類できるからでしたね。

またこのような、「/」の入った単位の構造を、小学校でも見たことがあると思います。そう、「速さ」の式ですね。

速さ=道のり/時間

 単位をみるとm/sですから、全く同じで、道のり(m)を時間(s)で÷という意味があります。

同じ構造に気がついたら、このような式をどうやって小学生のときに考えていたかを思い出してみると、「み・は・じ」や「は・じ・き」などを使って覚えていませんでしたか?

スクリーンショット 2016-05-15 7.22.07

この図を使うと、例えば時間を知りたいときには、「じ」を隠すと、速さが分母、道のりが分子ということが一発でわかりました。

密度の式も同じようなものを作ってみてはいかがでしょうか。例えば「し・み・た」となります。

スクリーンショット 2016-05-15 7.22.02

「染みた」と覚えることができますね!

 こうすれば、例えば体積がしりたかったら、同じように「質量/密度」ということが瞬時にわかりますね。

ただし、全員がこうして覚えたら?という意味で紹介したわけではなく、また高校生や大人が、このように円をかいて覚えているわけではありません

ですが意味がないというわけではありません。

今までの自分にあっていた覚え方を再利用したり、少し作りなおしたり、図式化してとらえておくことはとても重要。社会に出て不思議な現象に出会ったときに、考える足がかりとなるからです。

今は高校生や先生はそんな覚え方はしていません(いつのまにか身についてしまっているから)が、昔はそうやっていろいろ工夫をしておぼえていたわけです。

たとえば「語呂(ゴロ)」については、自分でつくっておぼえてみるのが一番アタマに入ります。大人になっても、ぼくはゴロを作って覚えてきました。

楽しく覚える教育法規!どこにも載ってない教員採用試験の語呂暗記法
「餓死者、血欲しがる」 「がししゃ、ち、ほしがる」 これは教育法規の覚え方の1つなのです! 教育法規は、語呂で覚えてしまい...

そういった、「勉強法を開発する」ということにも、ぜひ挑戦してみてください(^^)

自分に合った勉強の近道を、自分で作りましょう。

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・科学の動画こちらからどうぞ

・科学のネタ募集中!

科学のネタの情報の提供、ご質問、ご相談ははこちらにお願いします。
ネタの掲載にあたっては、お名前などを載せさせていただきます。
またご質問、ご相談などはお気軽におよせください(^^)

・Lineでの情報配信もはじめました
友だち追加数

・メールマガジンはじめました


 


[adsense]