下取りに出さないで!古いiPhoneにはプレゼンタイマーを入れよう!

LINEで送る
Pocket

先日新しいiPhoneに乗り換えをしました。手元に残った、古いiPhoneは下取りにだそう
という方法があるかもしれませんが、これはもったいないですよね。

iPhoneには写真、センサー、各種アプリを入れる、ICレコーダーなどの様々な使い方ができるので、
私は古いiPhoneは学校用に使うことにしました。

さっそく授業や、学校説明会、授業音声を録音して自分の振り返りなどに
活用しています。

そんな中で、もっとも便利に使えているのが「見えるプレゼンタイマー」です。

スクリーンショット 2016-05-08 7.00.52

下のところにある、カラフルな円形のデザインのアプリです。

これはタイマーアプリで、プレゼン以外でも様々な場面で活用しているのですが、例えば普段とは違う長さの特別授業を行う場合などでも大活躍です。

アプリのダウンロードサイトにある説明によると、

『アプリ甲子園2012』優勝!
「見えるプレゼンタイマー」は、セクションごとに色分けされたリング型のタイマーでプレゼンテーション(スピーチ、ディベート、レクチャーなど)の時間配分と進行状況が、一目でパッとわかる、誰でもプレゼンの達人になれるタイマーアプリです。

という、とても有名なアプリだそうです。何がすぐれているのかというと、見た目はこのようになっています。例えば3分にセットして、スタートボタンを押すと、

スクリーンショット 2016-05-08 7.01.23

このように円が少しずつかけていきます。

スクリーンショット 2016-05-08 7.01.31

これを教卓の上においておくと、授業のペース取りとなります。残り時間をみなくても、
円グラフの欠け具合から、直感的に確認できるというのが良いところです。

授業中は教卓の上に、プレゼンなどは床においたりしています。

宣伝もでないし、使いやすいし、もうこれしかない!と思えるアプリでした。いろいろなプレゼンタイマーを探しましたが、このアプリが私はベストでした。

もし古いiPhoneが出たら、ぜひインストールをして、使ってみて下さい(^^)

PS

昨日は学校説明会で20分のお話をするために、このプレゼンタイマーを利用しました。
このタイマーのおかげで、作った資料の中で、どこを圧縮して、どこを説明しようということが
瞬時に判断することができて、良かったです!

ご来校いただいた皆様、ありがとうございました。ぜひご自宅でも、
紹介させていただいた実験を試してみてくださいね(^^)

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

SNS登録はこちらから

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室を全国でひらいています。