100パー喜ぶ!お弁当の容器がキーホルダーに変身の術

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-24 18.05.32

今日は「第5回科学あそび指導者養成セミナー」に参加してきました。
このセミナーは、第5回とついていますが、ぼくははいじめての参加です。
講師はNSAでお馴染みの小森栄治先生でした。

面白そうだなと思い、申し込むと先生の研究室への宿泊をしての
参加となり、貴重な経験をすることができました。

今回教えていただいた実験は、
どれも先生が幼稚園や小学校での科学実験遊びについて、
その方法や注意点、楽しく遊ぶためのコツなどの紹介です。

一見、高校理科とは関係ないように見えますが、
そのどれもが教える上で参考になりました。

とくにおもしろかったのが、プラ板の変わりに、
お弁当を入れる容器を使ってキーホルダを作るというものです。

それでは紹介しましょう!

科学のレシピ

用意するもの:

お弁当の容器(ポリスチレン製のもの(PS6というマークがついていることがある))、トースター、油性ペン、クッキングシート(またはアルミホイル)、板2枚、割り箸

スクリーンショット 2016-01-24 18.04.55

使うのはPS6というマークのは入ったプラスチック容器で、ポリスチレンという素材です。ポリスチレンはもともと型で圧縮して加工しているもので、一度溶かすとまた元の板状に戻る性質があるそうです。

手順:

① お弁当の容器に、イラストを書きます。

スクリーンショット 2016-01-24 18.05.32

② クッキングシートの上にのせて、トースターにいれます。アルミホイルでも可能です。

③ 形が変形して小さくなり落ち着いたら、割り箸で取り出します。

④ 温かいうちに、2枚の板の間にいれて、プレスします。

⑤ 完成!

スクリーンショット 2016-01-24 18.05.15

プラ板はぼくは幼稚園の頃に大ハマリで、
ドラゴンボールのキャラクターをたくさん作っていました。

そんな知っているはずのプラ板でしたが、
それがお弁当の容器から作れるということに驚きました。

トースターで暖められている様子をみると、
うねうねと変化していき、苦しんでいるように見え、
目が釘付けになります。

園児はたしかに楽しめそうですね。

プラスチックの性質についても、学ぶきっかけとなります。

高校生でも楽しめると思います。
というか、参加している教員のみなさんは、みんな何度も繰り返しやっていました(^^)

ぜひご家庭でも試してみてください!

お気楽にお問い合わせください。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ(^^)
・ニュースレターではブログには載らない情報を配信しています。


 


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。