マジックのよう!振れずにブランコをすぐに止める方法


今日は家庭ですぐにできて、驚くこと間違い無し!の実験のレシピです。

みなさんはセンター試験2016に挑戦しましたか?
大人の方もぜひ挑戦してみてくださいね。とくに物理基礎はおすすめです。

あまり復習をしなくても、高校時代の思い出や自然現象での遊びを通して、
解くことができる問題が多くあり、楽しめると思います。

そんなセンター試験2016ではうず電流の問題が出題されています。皆さんは解けましたか?

待ちきれない!当日解説センター物理基礎2016(H28年度)
2時間ほど前に終わったセンター試験2016を、今日中に解説します。 初めての方はまずはこちらのページを御覧ください。 過去のセ...

うず電流はとても興味深い現象で、身の回りでもうず電流ブレーキなどで実用化されています。渦電流ブレーキは、非接触で、つまり触らずに、まるで魔法のように車輪をとめることができます。

今日はそんな、魔法のようなうず電流が体験できる実験について紹介いたします!

科学のレシピ

●用意するもの

銅線、芯となるもの(例えば空き缶やラップの芯など)、磁石、あればワニ口

磁石については、できれば磁力の強いものが良いですが、100円ショップにうっている丸型フェライト磁石でも、重ねればOKです。

●手順

① まずはコイルを作ります。空き缶などの筒を使って、その周りに巻きつけていきます。サイダーなどが入っている、細いカンがおすすめです。だいたい20回くらい巻きましょう。

スクリーンショット 2016-01-21 18.36.09

② コイルをぶらさげて、ブランコを作ります。

スクリーンショット 2016-01-21 18.36.15

③ ブランコをそのままゆらしてみます。その状態で銅線の両端を、ワニ口等でつなぎ、様子を見ます。

④ 次に磁石をコイルのそばに置いて、3と同じことを行います。

スクリーンショット 2016-01-21 18.46.46

結果

こちらの動画を御覧ください。

これは不思議!磁石がある場合は、導線をつなげるとブランコが突然止まることがわかりますね(ぜひ動画を御覧ください)。

電池など、とくにつないでいないし、なぜ止まるのか、不思議ですよね!

渦電流ブレーキは、地球ゴマを使っても体験することができます。地球ゴマを回して磁石を近づけるだけで、実験できます。

回転しているコマが、磁石を近づけると、徐々に速度が遅くなっていき、とまることがわかります。

センター試験でも出題された、この渦電流という現象、ぜひご自宅でもお試しください!(^^)

PS アマゾンで地球ゴマを見たら、

すごい値段になっている!!

そういえば、地球ゴマを作っているタイガー商会が、生産を中止したというようなニュースを昨年?聞きましたが、ぜひ作り続けて欲しいですよね・・・。ぼくは5個くらいもっています。もうちょっと買い足しておこうかな・・・。

お気楽にお問い合わせください。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ(^^)
・メールマガジンではブログには載らない情報を配信しています。


 


動画授業をはじめました。


[adsense]