電気代2年分を一発で閲覧する技と高校物理


地域による電気会社の固定化から解除されて、
私達個々人が電気会社を選べる時代になってきました。

電気料金も少しは安くなるのでしょうか(^^)
使う側としては嬉しいニュースですよね。

さて、学校では電力の授業なども入ってきたのですが、
1Wを実感として想像するのは難しいと思います。

1Wとは単位がJ/sなので、1秒で1Jの仕事をするような
エネルギーです。やっぱりわかりにくいですよね。

でも、お金と絡ませて覚えると、かなり実感がわくようになるのです。

今日紹介するのは、そんな計算方法についてです。

科学のレシピ

用意するもの:パソコン(サイト:電気の家計簿)

※ 事前に生徒には登録をしてきてもらいます(任意)

手順

1 電気の家計簿に登録します(東京電力のサービスの一つです)。

2 電気の家計簿から、1kWhがだいたいいくらになるのかを計算します。

3 身近なものを使った時の電気代を計算してみます。

例えば、私の電気の家計簿のデータを見てみましょう。
電気の家計簿にログインします。

電気のグラフをクリックすると、自分がいつに何kW使っていたのかがすぐにわかります。これは恥ずかしいのですが私の家の使用状況。

スクリーンショット 2016-01-06 7.39.38

青が今年、水色が去年。暖冬のせいか、かなり減っています(^^)

またそのときの電気代のグラフも表示されます。今回は正確な数字を表から見てみましょう。

スクリーンショット 2016-01-06 7.39.57

上から使用した日数、使用料(kWh)、請求額(円)です。
だいたいですが、大雑把に請求額を使用料で割ると25円となります。
基本料金などベースがあるので一概には言えませんが、

大雑把に

1kWh=20円

とおぼえてみてはいかがでしょうか。

これを使うと簡単な計算ができます。たとえば、ぼくはこんな問題を生徒と一緒に考えています。

Q 教室の蛍光灯は1本35Wです。1kWhは東京電力ではおよそ20円です。教室には10本の蛍光灯がついています。教室の電気を朝8時から夕方6時まで10時間つけっぱなしにする生活を、30日続けた。これを中高全ての教室数で考えると、学校はいくら電気代を払う必要があるか計算しなさい。

ぜひ自分の学校や会社でもやってみて欲しいのですが、たとえば1教室で1日と考えてみると、

35(W)×10(本)×10(h)÷1000=3.5(kWh)

3.5(kWh)×20(円)=70(円)

となります。これを学校の教室数で考えて、1カ月とすると、、、

結構かかることがわかりますね!女の子だととくに、このような計算が頭に残るようです。

さあ、LEDにしよう!

というわけで、関係ないのですがうちもとうとう全部をLEDにしました。今年の冬にとうとう完成!

最近は安くなりましたね!手が届くお値段になったので、思い切りました。

お気楽にお問い合わせください。

・ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ(^^)
・メールマガジンではブログには載らない情報を配信しています。


 


動画授業をはじめました。


[adsense]