電気回路の間違い探し~この回路どこが違う?~

LINEで送る
Pocket

科学部の中学生といっしょに
ブレッドボードをつかった簡単か回路を組んで、
LEDを光らせてみる実験を行いました。

ブレッドボードの配線について、テスターで調べて、さて実験開始。
素子をぶすぶすとボードにさしていき、回路を作っていきます。

この実験をやってみると、必ず光らない生徒がでてきます。
そこで配線を確認するのですが、
よくある失敗例をご紹介したいと思います。

この実験は高校の授業でもおこなっていますが、同様のミスが多いところです。

科学のレシピ

用意するもの:ブレッドボード、ジャンパーコード、LED、抵抗(68オーム)、電池3ボルト、電池パック

1 ブレッドボードの配線を、テスターをつかって調べる。

2 ブレッドボードに、LEDと抵抗を直列接続をして、電流を流してみる。

3 光った生徒は、光らない生徒のものを点検して、班全員のボードが光るようにする。

よくあるミスはこちらの回路。これではLEDは光りません。

さてどこが間違っているのでしょうか。

キャプチャ

抵抗にについては、3Vの電圧をかけたときにLEDと直列に接続しておくと光るようにに選んだものなので、接続がうまくできていれば問題なく光ります。

緑のコードは電池のプラス極に、黄色のコードは電池のマイナス極に接続されています。
またLEDの足のつけ間違いはありません。

回っていると、もっともよく見かける失敗例です。

また次の事例はどうでしょうか。
簡単な回路なので、次の写真のように配置をする生徒もでてきます。

キャプチャ2

緑のコードは電池のプラス極に、黄色のコードはマイナス極につながっています。

これは間違っているだけではなくて、
ちょっと危ない回路で、高校で電源装置を使って実験をしていたところ、電圧を高くした時に、同じような回路をくんだ班のLEDが壊れてはじめ飛んだことがありました。

冷や汗をかきました!

こういった間違った回路の組み方をして、光らない!ということが班に1人はいるので、
その回路をみなでチェックをして、どうすれば光るのかを考えていくのも勉強になります。

今日は科学部といっしょに作ってみましたが、コツを掴んだ中学3年の生徒が、
うまくいっていない生徒を教えてまわっていました。

嬉しい光景ですね!(^^)

次回はスイッチを入れて回路の電源をON・OFFできるような回路を
作ってみようと思います。

みなさんはどんな実験をしていますか?ぜひ教えて下さいね(^^)

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。