え、リモコンから光が!身近なアレで赤外線が見える!


スクリーンショット 2014-02-05 19.35.50 2

目に見えないからこそ、

私たちが便利に活用しているものがあります。

今日はそんな目に見えない光を

見てみる実験の紹介です!

目に見えないものをどうやってみるの?

私たちの目は電磁波のある領域に反応して、

まわりのものを見ています。

 

この目が感じることができる、

領域を可視光といいます。

 

可視光の領域ではないところは、

目に見えません。

 

電磁波の波長が長い方から、

赤・橙・黄・緑・青・藍・紫

(「せき・とう・おう・りょく・せい・らん・し」とおぼえましょう)

 

そして赤の色よりも少し波長の長い目に見えない電磁波は「赤外線」といいます。

赤の外の線だから、赤外線です(これと同じで紫の外の線を紫外線といいます)。

これはもちろん目には見えない電磁波です。

 

実はテレビのリモコンはこの赤外線を使っています。

リモコンのボタンを目に向けて、押したとしても、

暗いまま、何も感じません。

 スクリーンショット 2014-02-05 19.36.02

赤外線は目には見えませんから、信号は出ているのですが、

チカチカと光ったりしないので、邪魔にはならず便利です。

 

でも、実際に出ているのか試してみたいところですよね。

今日はそんな赤外線を見てみましょう。

 

実はデジタルカメラの素子は、可視光よりも広めに電磁波をひろうことが

できるものがあります。

 

デジカメを用意してみてください。

そして近くにあるリココンをデジカメに向けて、

その様子を観察してみてください。

スクリーンショット 2014-02-05 19.35.50

チカ!チカ!っと光っているのがわかります。

 

この光、面白いのが、チャンネルによって違うところです。

例えば1チャンネルは、

「チカチカチカ!」

とひかり、

2チャンネルを押すと

「チカ!」

と1回だったり、間隔が違っていたりします。

 

これで信号の種類を変えているわけですね。

 

なお、この撮影はiPadで行いましたが、

iPhoneやiPadは赤外線を捉えることが

できないようです。

 

たいして、

他の携帯のカメラで捉えることができるものもありました。

携帯やデジカメをもってきて、赤外線を観察してみるのも面白いですね。

 

ご家庭でどうぞ!

 

このほか光学についての実験など、こちらにまとめました!

大人のための高校物理復習帳

 

参考

ちなみにぼくはPENTAXQを愛用しています!

PENTAX ミラーレス一眼 Q レンズキ…

次の科学のタネ

スクリーンショット 2014-01-30 21.02.11

科学のネタをフォローする

Follow us on Twitter  Follow us on Facebook   Subscribe RSS