イルカの作るリングを飛ばそう!空気砲の進化系!

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2015-09-10 23.07.37

 

科学部の生徒を毎年みていますが、どうも例年、空気砲が大好きなようです。

数年前、はじめて作ったのが、ダンボールに穴をあけて、線香の煙で満たして、空気砲を放つというものです。

でもこの空気砲だと、できたリングがすぐに消えてしまうんですよね。あまり面白くはありません。

次にやってみたのが、水槽の中ではなつ空気砲(空気ではないが)です。

これは半分にきったペットボトルと、風船を組み合わせて、水の中で、空気砲を放つというものです。

まさにイルカがぷわっと出すリングと同じで、きれいなものが飛び出ますが、水槽がせまいので、すぐに壁にぶつかって消えてしまいます。

面白いのにもったいない。

そこで今年は、ドライアイスの煙を使って空気砲をやることになりました。

持続力もあり、面白かったのでご紹介します!

科学のレシピ

1 牛乳パックの上部をカットして、底に丸い穴をあける

2 水槽の中にお湯(40度くらい)を入れて、ドライアイスを入れる。

3 1でつくったパックのカットした部分を下向きにして、穴が上を向くような状態で、水槽につける

4 牛乳パックの両端を軽く押す

スクリーンショット 2015-09-11 20.04.12

セットすると、パックの穴からドライアイスの煙があふれてきます。

スクリーンショット 2015-09-11 20.04.35

軽くたたきます。

スクリーンショット 2015-09-11 20.05.00

うまくいけば、リングが飛び出します!すごいきれい!!

動画でもとってみました!こちらを御覧ください。

この方法を使うと、リングの様子がゆっくりと、最後まで見届けることができて、
とてもおもしろかったです。

さっそく文化祭でやってみようと思いました(^^)

でも、このリングの物理的なことは、ぼくは実はよくわかりません。

流体力学かな?なぜこんなリングを保ちながら飛んで行くのか、調べておくのが私の課題になりました。

空気砲1つとっても、簡単に見てる実験の仕組みは複雑なことが多いですよね。

あなどれません!

それがまた面白いところです(^^)

ニュースレター

・ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 


プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。