タネを感電させて蒸しパンを作ろう!科学のレシピ

LINEで送る
Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電気を「直接」ながしてパンを焼いたことありますか?

ホットケーキのタネをフライパンでやかないで、

直接電気を流して

パンを作ってみたことはありますか?

女の子がとっても喜ぶ実験に、
この電気を流してパンを作る「電気パン」という実験があります。

今回は、そんな電気パンについて紹介します。

科学のレシピ

用意するもの:ステンレス板、牛乳パック、電流計(あれば)、ワニ口、100ワットの電源コード

以上です。家庭で手に入りにくいものもありますが、学校にいけばすべてそろっているはずです。100ワットの電源コードは、つかえなくなった家電を使えば、手作りすることも可能です。

方法

1 ステンレス板を切ります

ステンレス板はハンズなどで売っているものを買ってきて、ハサミなどで切って使いましょう。または電気パンように販売されているものもあります

2 牛乳パックを高さ12cmほどで切ります。

3 ホットケーキのタネを作ります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4 2で作った容器にステンレスの板をたてて、タネを流し込みます

5 ステンレス板に100Vの交流電流を流します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電流計をはさんで、電流の様子を見てみましょう。電流が流れなくなったら、完成です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このときタネの中に電流が流れて、ジュール熱が発生し、タネの中にある炭酸水素ナトリウムが分解して、二酸化炭素が発生していきます。

あながぶつぶつタネにあいて、膨らんでいく様子がみれますね。

生徒はたんに作って食べて楽しいのですが、このできるときの穴がなぜあくのかとか、
どうやって熱が発生しているのか?などを考えさせるには、良い実験かもしれませんね。

ちょっとできたパンは蒸しパンみたいな感じで、
味気がないので、はちみつなどを用意して食べましょう!

今日のオススメ

ステンレスの板は、手作りしてしまうのが一番安いかもしれません。
表面に塗装があるものがあるので注意をしましょう。

アマゾンで売っていたステンレス板はこちら

次の科学のタネ

科学のネタ帳をお届けします

ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。
ニュースレターはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。


プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。共立女子中学高等学校の理科教諭を務めるかたわら、サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など科学啓蒙書・参考書・絵本など10冊。東京書籍の教科書編集委員・ナリカサイエンスアカデミー公認講師。

全国で科学教室を実施中!

幼児から高校生までの科学実験教室をひらいています。また教師のための実験×ICT講座を全国で行っています。