研究会を活発にするための4つのコツ!


bird-talk-1370057-m

なかなか学校にICTへの理解が広がらない?そんなことありませんか?

品川女子では教師がiPadを活用しています。

どのように導入し、どのように活用をしているのか、気になったため、
今日研究会で話をきいてきました。

品川女子ではiPadを導入するにあたり、校内で研究会を立ち上げたそうです。
本校でも、ICT研究会という研究会を立ち上げて活動をしています。

いろいろな実践事例があつまってきて、非常に勉強になっていますが、

ただ!!

まだまだ多くの先生方は、参加を見送っていて、
うまく機能していないところがあるのが悩みでした。

品川さんでは聞いてみると、およそ3分の1の先生方が研究会に参加されているとか。

これには驚きました。

実際に活発な先生はもっと少ないそうですが、

参加してくれるというだけでもすごいなと思っています。

質疑応答の機会があったので、早速質問をさせていただきました。

そこで教えていただいた4つのコツをご紹介します!

どこでも使えるものばかりでした!

コツ1 グループウェアを使う

グループウェアはサイボウズLiveを使っているようでした。

ぼくたちも同じものを使っていますが、なかでもコツとしては、

くだらないことでもいいから情報を流し続ける

ということだそうです。

必ずしもICTでなくてもかまわないから、
授業などの情報を流していくというのは、たしかにコミュニティーを活発に
するにはよいことですね。

コツ2 様々な方が参加しているようにする

中心となる教師だけの書き込みだけではなく、
いろいろな方で投稿をしやすいように、声をかけたりして
エネルギーを投入しているようです。

コツ3 たまに飲み会を開く

コツ4 1学期に1回、定例会をやる

これらの4つのコツを教えていただきました。
コツ3・4は私達もおこなっていますが、

やはりうまくSNSなどをつかってコミュニケーションをとりあっていくこと、
そしてそうするためのテクニックが参考になりました。

みなさんは研究会を立ち上げた時、どんなことをしていますか?

今日のオススメ

本校で開かれたICT研究会で教えていただいた内容です!

科学のネタ帳をお届けします

ご感想・ご質問はこちらまでどうぞ。
メールマガジンはブログでは載せられない情報を配信しています。


 

フェイスブックやツイッターでは更新情報を配信しています。


プロフィール

桑子 研
桑子 研理科教師。全国で教員向けの物理実験講座、ICT活用講座、子供向けの科学実験講座、時短セミナーなどを行っている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)など10冊。