怪奇現象!ペットボトルが勝手に潰れていく!

特設ページに戻る

スクリーンショット 2014-01-13 18.27.46

一体誰がが握りつぶしている
突然潰れるペットボトルについて紹介します。

はじめに

まずこちらの動画を御覧ください。

なんとも不思議!ペットボトルが誰もさわってもいないのに、
突然潰れていく様子を確認することができます。

スクリーンショット 2014-01-13 18.32.17

これが突然・・・ベコン!

スクリーンショット 2014-01-13 18.27.46 2

いったい誰がこのペットボトルを潰しているのでしょうか?

今日の科学のレシピは、この勝手に潰れるペットボトルについてです。
もちろんトリックがあります。自宅でできるので、ぜひお試しください。

科学のレシピ

準備するもの:

ペットボトル、お湯

方法:

スクリーンショット 2014-01-13 18.28.00

① まずペットボトルを用意します。

② ペットボトルに熱々に沸騰させたお湯を少し入れてください。ほんのすこしでOK!(お父さん・お母さんといっしょにやりましょう。手のやけどに注意!)

③ フタをして軽く降ってください。そしてすぐにフタをとってお湯を捨てます。

④ フタを閉めて机の上においてください。しばらく待ちましょう。

結果:

④の状態にしてしばらくおいておくと、なぜかペットボトルが冒頭の動画のようにペコペコと潰れていきます。

これはなぜかというと、はじめにペットボトルの中にあった空気がお湯の水蒸気によって、一部外に追い出されます。

その後、お湯をすてても水蒸気が残ります。そして蓋をして少しおいておくと、ペットボトルの水蒸気が冷えて水に戻ると、気体から液体に戻る際に体積が小さくなり、ペットボトルの中の圧力が小さくなります。

このため、大気圧とのバランスが崩れて、ペットボトルは外側の空気に押しつぶされてベコンと潰れてしまいます。

空き缶やドラム缶でもできるのですが、今回は安全のためとお手軽にできるためにペットボトルとお湯を使う方法を紹介しました!

この現象には、このように「大気圧」や「圧力」、「熱運動」、「状態変化」などが関係しています。ぜひ一つづつお子さんに教えてあげてください(^^)

ポテトチップスなどのお菓子の袋を山にもっていくと、「パンパン」
になることがありますが、その現象と、この怪奇現象は同じような仕組みですので、
関連付けてあげてもよいですね。

詳しくは「大人のための高校物理復習帳簿」に書きましたので御覧ください。

面白い実験をしっていたら、ぜひ教えて下さい!(^^)

科学の情報はこちらにも掲載しています。


・ニュースレターはじめました


 

プロフィール

桑子 研
桑子 研(くわこけん) 1981年群馬県生まれ。サイエンストレーナーとして全国で実験教室やICT活用講演会を開いている。著書は『大人のための高校物理復習帳』(講談社)、『きめる!物理基礎』(学研)など10冊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です