圧迫面接あり!?合格者から学ぶ!<埼玉県>の教員採用試験


teenager-1198058-m

圧迫面接を受けたことが有りますか?

教員採用試験の講師を経験した学生から、

埼玉県に合格したとの知らせも受けました。

 そんな学生から、実際にどんな試験内容であったのかをまとめてもらったのですが、
衝撃的なことが発覚しました。

一例ですが、参考になると思います。

驚いたのが「圧迫面接」についてです!

なんと圧迫面接のようなものが行われていたというのですね。

圧迫面接とは、面接官の一人が何かと否定的なことを質問してきたり、
横柄だったりという感じの態度をとり、
受験者に精神的な圧力をかけてくる面接のことをいいます。

ぼくが就職活動をしていたときは、圧迫面接をするような会社も何社かありました。
そんなとき、かなりきつかったのをおぼえています。

そして圧迫面接なんかやってくる会社になんかいくもんか!

そう思ったのを覚えています。

いやだな〜。それではまずは採用試験の結果報告をみなさんにご紹介しますね。

採用試験を受ける人は、まずは自分の受ける県について、
教員採用試験がどのようなものなのかを確認してみてください。

教員採用試験結果報告 埼玉県

●試験概要

【第1次試験】

◆7月11日(日):埼玉県立伊奈学園総合高等学校にて

①専門教養60分

②一般教養と教職教養60分

【第2次試験】

◆8月7日(土):埼玉県立伊奈学園総合高等学校にて

①専門教養70分

②適性検査(MMPI)50分

③総合読解60分

◆8月8日(日):埼玉県立伊奈学園総合高等学校にて

①集団討論50分

②個人面接20分

◆8月第3週目のいずれか1日:総合教育センター深谷事務所にて

①集団面接25分

【試験結果】

第2次試験合格

次に詳細な報告についてです。
注目は圧迫面接についてですよね。

どうなんだろう?

●試験詳細

【第1次試験】

・専門教養(マークシート式) 100点

評論文・古文・漢文・学習指導要領から出題。難易度はセンター試験~中堅私大レベルですが、問題数が多いので時間配分が重要だと思います。自己採点は8~9割程でした。

・一般教養と教職教養(マークシート式)100点

例年一般が20~25問、教職が10~15問出題のようです。埼玉県の一般教養は出題範囲が広く、難易度も高いです。私は物理や数学の分野で苦戦しました。自己採点は一般教養が6割、教職教養が9割でした。

【第2次試験】

・専門教養(記述式) 150点

評論文・古文・漢文・学習指導要領・指導計画の作成が主でした。一次試験と比べ、難易度が高くなります。私は最後まで解き終わりませんでした。

・総合読解 30点 400字

埼玉県高校独自の問題形式です。羽生善治著『決断力』の一部を読み、筆者の主張・学校現場での実践を400字にまとめます。文章が長いので、読み終えるまでに時間がかかりました。

・集団討論 8人 討論時間40分 テーマ「健やかな体」

入室後、試験官受験票を渡します。討論テーマが発表され、受験番号の若い順に自己紹介を含めて2分間で自分の考えを発表。考える時間はなくすぐに発表へ移りました。全員が終わり次第40分間討論。討論後、自分以外の受験者をA~D段階で評価し、紙に記入して提出。受験生同士は名字で呼び合いました。事前にA4用紙を渡され、名札を作成するので、持ち物には書いていませんが太めのマーカーを持参すると良いでしょう。名字にはふりがなを書いておくと親切です。他のグループのテーマは「確かな学力」、「豊かな人間性」などでした。メモは可能ですが、指定の用紙がかなり狭いので注意が必要です。

・個人面接 20分

面接官の1人は優しい人、1人は無愛想な人でした。

○自分の長所、それを教員の仕事にどう活かすか。

○大学で学んだ新しい指導方法は。

○聖職という言葉をどう考えるか。

○高校、大学時代に熱中したこと。

○指導したい、可能な部活動。

○指導したくない部活動。

○一般の公務員と教員の違い。

○埼玉県の高校生の課題と対処。

○周りの教員と意見が食い違ったらどうするか。

○授業中に10人寝たらどうするか。

○進学校の課題は。

○公立学校は私立学校に負けていると言われるが、どう考えるか。

○体験活動をどのように理解しているか。

○朝読書についてどう思うか。

○ピアス、茶髪などの服装指導で気をつけることは何か。

○規範意識の低下についてどう思うか。

○教員になったら夏休みはどう過ごすか。

○教員になったら放課後はどう過ごすか。

・集団面接 25分

面接官は1人無愛想な人で、他は優しい人でした。ただ、高校英語を受験した人はかなりの圧迫だったと言っていました

○自己PR30秒→次のターンで各々突っ込まれました。

○国語教師を目指したきっかけ。

○小学校の外国語活動についてどう思うか。

○挫折した経験は。

○上司と意見が食い違ったらどうするか。

○教師以外に自分に向いていると思う職業は?→その職業に就くことは考えなかったか。

○趣味

教員採用試験において、圧迫面接もということです。
この学生が受けたものではなかったようですが、

英語で圧迫面接のような感じだったということですね。

横柄な態度をとっている面接官がいて、いろいろ否定的なことをつっついてきたそうです。

teenager-1198058-m

いや〜恐ろしい。はじめて圧迫面接のようなものがあることについて知りました。
あまり聞いたことがありませんでした。

面接練習をこなす中で、圧迫面接についても想定をしておく必要がありそうですね。
一人の面接官やくの方に、とにかくいろいろ否定的な質問をしてもらうという感じで、
進めるのが良いかと思います。

次はこちらの記事をおすすめします

それにしても圧迫面接があるなんて、なんかいやだな〜。

教員採用試験についての勉強法をさらに知りたい方はこちらもどうぞ!

受かる教員採用試験の勉強法

また教員採用試験の参考書などを探している方は、5冊にまとめたので、こちらも参考にして下さい。

科学のネタ帳の更新情報

メールマガジンの登録はコチラからどうぞ。


 



動画授業の配信はこちら