『まるわかり基礎物理』医療系大学生の単位を救いたい


「高校で物理なんて赤点だったし、なんで大学にきてまでまた物理が・・・」

そんなことでお悩みの医療系学生はいませんか?

 

医療学生に物理の知識は必須

医療系学生は医療機器を動かすとき、

血圧などの圧力の単位を読むとき、人体の力学をしってリハビリに役立てるとき、

結局高校物理が必要になるのですね。

 

本書『まるわかり基礎物理』は、

南山堂の編集者の方から学生にわかりやすい

物理の教科書を書いてほしいと依頼されて

書くことになりました。

 

どんな本なのか

本書の特徴は大学で使う教科書なのですが、物理を教えている現場の物理教師がかいたということが

一番大きいかもしれません。

こんな感じで絵がたくさんあります。

酸素ボンベのことなど、

医療現場で必要な知識が学べます。

私はこのほかにも高校生向けの受験参考書「ぶつりの1・2・3」という本を書いています。

amazonの評判を見ていただければわかるように、

高校生の文系の生徒向けに書いた本で

高く評価していただいております。

 

本書にもわかりやすさのコツをぎゅっと詰めた作りをしています。

 

大学での採用が多いようですが、もし個人的にわからないなということがありましたら、

ぜひ参考にしていただければと思います。