ネットで本を買っていませんか?ダメ!「明倫館書店」にいこう。


本屋にいこう

明倫館書店って知っていますか?

職場は神保町という街にあり、神保町といえば古本屋がたくさんあることで有名です。
洋書の専門店、日本の古典のみを扱っているお店、建築関係の本ばかりが揃えてあるお店、

いろいろなお店があるのですが、その中でひときわきになるお店、
それが理工図書のみを扱っている

スクリーンショット 2014-07-27 17.06.31
「明倫館書店」

です。場所はこのあたりにあります。神保町の交差点からすぐ近くです。
スクリーンショット 2014-07-27 17.06.25

入っただけでその独特の雰囲気と客層にあっとうされますが、気象学の専門書のコーナー、はんだ付けの専門書やネジの専門書など、マニアックな本を探すならここしかありません。

お宝ザクザク眠っています。値段もたかいものからやすいものまであるのですが、
普通の古本屋よりはやや高い感じかもしれません。

ですが、理工図書がそろっているため、目的をもってくるのであれば、
これは本当に宝の山。

理工図書といっても、科学者の本も結構あって、
ハイゼンベルクの「部分と全体」も並んでいました。

理系の本が欲しい人はおたちよりください。
見ているだけで面白い本屋さんです。

アマゾンなどのネット書店では出会えない、
面白い本、運命の本に出会えるかもしれません!

近くにいるので逆に普通になってしまっているのですが、
よく見ると、非常に変な街で、すばらしい環境で働けていることに感激です。

今日のオススメ

ハイゼンベルクの部分と全体、アマゾンだと高いな〜。

次の科学のタネ

夏だ!ペットボトルロケットを飛ばそう!

20120721185617

科学のネタ帳の更新情報

メールマガジンの登録はコチラからどうぞ。