音声ファイルを公開!「性別に合った物理基礎の教え方」


20130702062717

「性別に合った物理基礎の教え方」の音声ファイルを公開!

物理教師として困るのが一部の生徒がなかなか授業にのってくれないということです。

そんな悩みを解決するためのセミナーを私学教育研究所にて6月に行いました。

その音源を公開します。

はじめに

昨年は様々なことにチャレンジをしましたが、
その中でも記憶に残っているのが6月に
私学教育研究所で登壇させていただいた、
「性別にあった物理基礎の教え方」というセミナーでした。

もともとは運営委員の方から声をかけていただいたことで
講師をさせていただくことになったのですが、
何か話題提供をすることがらがあるのかどうかさえ、
わからないところからのスタートとなりました。

そしてテーマを決めるときに
自分がもっとも困っていた男性と女声の「性差」と「物理」について
お話しようと思い準備をはじめました。

性別にあった物理基礎の教え方

実際にどのくらいの先生方が参加してくださるのかなと
思っておこなったセミナーなのですが、
結局定員いっぱいまで集まっていただけました。

そして実際にいろいろと普段こだわっていること、
生徒をどう引きつけるか、などのお話を
2時間の枠でさせていただきました。

そちらを編集したものが次の動画です(音声のみ)。

音声のみでは伝えきれないのが、
参加者どうしの交流となったワールド・カフェ形式の
授業改善の共有です。

非常に緊張をしてのぞんだものの、
多くの方から満足いただけたとの声をいただけました。

というのも、このセミナーの作り方自体が、
授業と同じ作りにしたことが大きかったようです。

つまり「ラク」をさせていただいたわけです。
ぼくの授業では自分が説明をする時間は
できるだけコンパクトに、ギュっと内容をつけて
話をして、その後はグループを作って
生徒になげてしまいます。

こんかいのセミナーでも私の講義部分はできるだけ
短くして、グループを作って普段各先生方が
取り組まれていることの情報交換をしていただきました。

これはワールドカフェ形式で行ったので、
非常に活発に情報交換が行われました。

タイムキーパーをしていたのですが、
ぼくもお話に加えていただきたかった、
そんな思いでいっぱいでした。

次回もまたセミナーをやってみたい、というよりも、
ワールドカフェだけでいいから、
理科の先生方を交えて、また同じ形式で
やりとりしたらいいのではないか?と思いました。

ブログを見ている理科の先生方はいかがでしょうか。
もしよかったらまた集まる機会を作っていきたいですね。

参考

ワールド・カフェについてはこちらを御覧ください。

ワールド・カフェをやろう!
香取 一昭, 大川 恒

次の科学のタネ

スクリーンショット 2014-02-08 14.32.13

ワールド・カフェ形式の対話授業が
エキサイトニュースに掲載されました。

科学のネタ帳の更新情報

ツイッターについては更新情報+科学全般、

フェイスブックGoogle+RSSについては更新情報について流しています。

科学のネタ帳オン
Google+