1日何時間寝てますか?この質問であなたの年がわかる!?


眠いな〜

一日どれくらい眠っていますか?

8時間という人もいるし、4時間という人もいるかもしれません。

ではもうひとつ質問、あなたは今何歳ですか?
実は睡眠時間と年って関係あるそうなんですね。
そんな睡眠の謎について今日は迫っていきます。

人はなぜ眠らなければいけないのでしょうか。

ぼくも高校生のころは8時間は寝ていましたが(受験時代を除き)、現在は6〜7時間くらいになっています。
だいたい11時ころに寝て5時30分くらいに起きる感じの生活ですね。

若いころほど睡眠時間は長く必要なのかなと思っていますが、人によっては短眠で5時間という人もいるし、または8時間くらい寝ないといけないという人もいますよね。

少しずつ減っていったすえの結果なのですが、はたして6〜7時間になった今、この状態が続いていてなんで大丈夫なのだろうと不思議に思っていました。

そんな中、科学的に睡眠とはどんなものなのかが知りたくなり、手をとったのがこの「睡眠の科学」です。

睡眠を知る為には、睡眠を削ったとき、どうなるのかを観察すれば良い。

という方法をつかって、マウスで実験をしたそうです。

マウスが眠りそうになると刺激を与えて、眠らせない実験をします。
(なんとかわいそうな!)

すると運動性が低下し、体毛が抜け、体温調整ができなくなってきます。そして食べる量が増えているのにも関わらず、体重は減り続け、ついには死んでしまうとのことでした。

科学者は残酷です...。

この実験の結果、睡眠は動物にとって無くてはならない行為だということがわかります。

この本にはなぜ睡眠がなくてはならないのか?までは書かれていないのですが、とにかく必要だということや、なぜ必要なのか?については明らかになったことがまとめられています。

例えば、なぜ寝だめはできないのか?

夢にはどんな役割はあるのか?

など日々の疑問に答えてくれる内容が盛りだくさんでした。

ぼくがとくに驚いたことは、2点です。

・赤ちゃんは18時間、若者は8時間、年寄りは4時間と、年齢を重ねるにつれて睡眠時間は短くなっていくということ、

・睡眠を挟むことで記憶が強化される!

ということです。よく寝ているあの生徒は若い証拠なのかもしれませんし、ぼくの睡眠が短くなかったのは単なる老化のあらわれかも・・・。

あなたは今何歳ですか?

PS

それにしてもこの本の表紙、なんて地味なんだ・・・。

スクリーンショット 2014-07-20 17.24.56

次の科学のタネ

科学のネタ帳の更新情報

メールマガジンの登録はコチラからどうぞ。


 



動画授業の配信はこちら